無料ブログはココログ

最近のトラックバック

トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月28日 (水)

お兄ちゃんがいました

Nero1  フーは十五年前に、五ニャン兄弟で生まれました。

 三匹は里親様を探してお願いして、フーとネロが残りました。・・・つか、私がネロを気に入ってしまって、手放せませんでした。

 フーとネロは大の仲良しで、いつも一緒でした。

 ネロはとてもおっとりした性格で、フーやママ(二匹のママ。名前はラン)が外で遊んでいても、家で昼寝をしているような子でした。雨が降り出しても決して走らず、ゆっくりと歩いて帰ってきました。

 でも、長生きさせてやることができませんでした。

 今では考えられませんが、当時は、血統証付きの猫でもなければ、家の中だけで飼うなんて、無理だという意見のほうが多かったのです。

 私も安易にそれでいいと思い、やがて大人になったネロは家にあまり帰ってこなくなりました。風の噂(?)で、このあたりのボスになっているようだ、と聞いて少し誇らしかったです。長毛種のどうみても良い家のお嬢様らしい女の子猫とデートしていたという目撃情報もあって、いつか子猫を連れてくるかも、なんて都合のいい想像をしてました。

 帰れば、どこかしらに怪我をしていましたが、ボスはそいういものだ、と諦めていました。

 そして、ネロはあっというまに虹の橋に旅立ってしまいました。 

 いま、手術をして、子供は残せなくなったものの、毎日のんきに暮らしているフーやキャオを見るたび、自分は間違っていたのかなあ・・・と、考えずにはいられません。

 キャオは遠出などしないし、喧嘩だって怖がります。フーもとても用心深いです。

 でも、ネロの一生は短かったかもしれませんが、思いのままに生きたのではないかとも思えるのです。本猫に聞いてみたいです。どっちのほうがよかったのか・・・・。

 オスの本能がなくなったキャオは、笑えるほどヘタレ王子で、四歳にもなるのに雨音に驚いて飛び上がることがあったりもします。

 人の都合でそうしたのだから、その分たくさんかわいがって長生きさせてやりたいと思っていますが、きっとネロのことは一生忘れられません。 

2007年2月27日 (火)

すりすり・その2

 ウチの畑とお隣の畑の間には、当然境がある。

 その印に杭が打ってあるのだが、どこか余ったのか、数本の杭が端のほうに置いてある。

 フーはこの杭が大好きなんである。

 通るたびにすりすり。ごりごり。

 もうできることなら杭と一体化しちゃいたいと思ってるんじゃないかと思うくらい、ぐりぐり、ごーりごーり、と。

P1000354 P1000355

 

こんなかんじです。

 一体、この杭のどこにそんなにひかれるんだろう?

 特別良いにおいでもするんだろうか?

 しかし、いささか鈍感なヒトの鼻ではその「えもいわれぬ」と思われる芳香など、嗅ぎ分けられようはずもなく。

 杭とはいっても、木材やコンクリートなどではなくて、プラスチックのような合成樹脂でできているらしいことはわかるんだけども・・・・・。

 猫をここまで誘惑するプラスチックって、どんなだろう?そもそもそんなもの、あるのか?

 どなたか、ご存知でしたら、ご一報ください。

 ただ、キャオはまったくの無関心てとこが、更にミステリィなんですけども。

 そして今日もフーはぐりぐりするんである。

2007年2月26日 (月)

どこでもすりすり

P1000333

 なんにでもすりすりするキャオ。

 毎日飽きずに同じところにすりすり。TVにもテーブルにも柱にもこしこし。

 気がついたらキャオのアブラで家具の角が黒くなっていて、びっくりでした。

 そんなに熱心になわばり宣言しなくても、キャオは間違いなくウチのこなんだけど。

 あ。でも、昨日は見慣れない黒トラの猫さんが歩いていたから、不安なのかな。

 手術した猫だから、スルーしてね、と説明できたらいいんだけど。ま、もしもの時は「猫の喧嘩に飼い主が出て行く」ことになるわけですが・・・・。  

2007年2月25日 (日)

おしっこも大事

P1000329

 フーの腎臓病は、年に二回の血液検査を続ける中で、年齢とともに徐々に数値が悪化していったので、お薬を飲むようになっても余裕で対処することができた。

 でもキャオの尿路結石は、まさに「せーてんのへきれき」だった。三歳になった春の日にお散歩についてゆくと、元気にきゃほきゃほ歩いていたキャオが、真っ赤なおしっこをしたのだ。今も忘れられないが、シクラメンのように赤かった。

 ひょええええええええ。

 のけぞりそうになりながら、とにかくキャオを横抱きにして、有無をいわせずキャリーにぶちこんで、病院にすっとんでいった。

 結果は

 「尿路結石ですね。その為の炎症でしょう」

 ということだった。

 それ以来、毎日のお散歩は欠かせなくなった。出かける用があろうが、忙しかろうが、ごはんを食べさせた後、散歩に出る。

 畑に出ると、二匹も尿意を催すのか、それぞれお気に入りの場所を見つけて、いそいそとおしっこをする。それを横からぢーっと見るのだ。

 腎臓病が進めば、色も臭いも薄い尿が多い目に出るし、結石が再び始まれば、尿管に石がたまって、尿が細くなる、というわけ。

 さて、今日も良いおしっこが出ました。良かった良かった。

2007年2月24日 (土)

北風が強い日です・・・。

P1000316_1

 今日は風が強いのでフーもキャオも縁側で待機しています。

 昨日は昨日で、雨がたくさん降ってほとんど遊べなかったのにね。

 でも、午前中はフーを動物病院に連れていったので、フーは遊びたい気分ではないかもしれません。

 月一の尿検査ですが、やはし車に乗せられるのがとことんイヤみたいで、移動中は喚きまくり、小さい肉球にびしょびしょに汗をかいていました。でも、車が止まれば鳴きやみます。先生に触診されても、へーき。

 結果は良好で、はあ、良かった。。。。と、一息ついたものの、帰りはまた「おお~ん!うあああ~ん!なな~ん!うあああ~ん!!」で、こっちもへとへと・・・・・・・。

 でも、そんだけ鳴ければまだまだ長生きしてくれるよね。フー様。頼むよ。 

2007年2月22日 (木)

にゃんにゃんにゃん。

P1000265

 本日は猫の日ということですが、そんなことはしらなくても、キャオは今日も元気で、やる気まんまんであります。

 このあと、フーをどついて、わしにどつかれますた。

 お年寄りは大事にしなさいっつーのに、こりないんだから。

 でも、恐いくらいに暖かくて良いお天気ですからね。うれしくなっちゃうのもわかります。

 ただし、この天気にうかれて、彼氏彼女を探しに出た恋猫さんとはちあわせになることだけは、気をつけて欲しい。キャオは遊んでもらえると思っても、相手は命がけの勝負と思っているから、勝つのはかなり難しいよ。そろそろそこに気がついてくれるといいんだけど・・・。 

2007年2月20日 (火)

アボカド明太子あえ

P1000263_1

 昨日のNHKの「今日の料理」で紹介していたのを早速作ってみました。

 めんたいことアボカドをしょうゆとごま油とであえるだけ。アクセントに長ネギがはいります。

 アボカドもめんたいこも大好物なので、期待大でした。ただ、ちょっとしょうゆの量が多い気がしたので、半分にして、カボスがあったので絞り汁をたしました。

 正解だったと思います。めんたいこは案外塩分が多いですからね。

 ごはんにのせたら、どんぶりでぺろりいきそうでした。これ、納豆にいれてもいいと思う。

 あと、ひややっこにもあいそうです。

今日もお散歩

P1000247

 珍しい、2ショット。いつもなら、近づくなりどちらかが前足をあげて、はたきあうんですけど。今回は前方にひよどりがいて、気をとられています。

 二匹がいるのはいつもお散歩する畑です。右側の、(見えないけど)きゃべつやブロッコリーと一緒に、はこべやすずめのてっぽうがにこにこはえまくりの、いささか手入れの甘い家庭菜園がうちの畑。

 左側のは家庭菜園とお呼びするのが申し訳ないような、立派な畑。もちろん個人のものですが、白菜は出荷できるほど大きくて、大根は形がそろっていて、その上虫がついた気配がない。なにもできていないところは、働き者のSさんが毎日のように耕すので、他の草がはびこるすきがないわけです。

 Sさんから見たら、家の畑なんて雑草だらけで、虫もいて、さぞかしあきれた手抜きのはたけだなあ・・・、と思っているんだろうなあ。と、おもうことがあります。

 でも、言い訳をさせてもらうと、家のヒメとボクが草を食べたり、鳥を追いかけたりして遊ぶ畑に薬を撒いたりしたくないんです。それだけなんです。

 ホントです。え?草取りくらいは手でできる?えへへへへへ・・・・・・・。

 

2007年2月19日 (月)

今日も元気

P1000244  いつもの散歩の後、こんなところでお水をのんでます。

 小さい頃からどこでもお水を飲む子で、水溜りやバケツや、コップからも上手に飲みます。

 フーは年に二回、健康診断のために血液検査をしています。去年、腎臓に良くない数字が出て、コバルジンというお薬をのむようになりました。

 コバルジンが良く効いているのか、今のところは元気でごはんも良く食べて、月に一回の尿検査も大丈夫ですよ、と獣医さんにいっていただいています。

 腎臓の為には、お水を飲むことは良いことらしいので、たくさんのんで欲しいですが、そのお水は・・・・・・。 

2007年2月18日 (日)

簡単でうまい。

P1000232

 カレーこんにゃくです。

 カレー粉でこんにゃくを炒めるだけでできます。

 メインがさっぱり系のもののときのもう一品にどーぞ!

 1、こんにゃく一丁は手で食べよい大きさにちぎってから、ゆでてあくぬきをします。

 2、こんにゃくだけでも十分おいしくできますが、ボリュームが欲しいときには、ぶたのバラ肉やコマ肉をてきとーに切って、こんにゃくと一緒に、油をひいたフライパンでいためます。

 3、肉の色が変わったら、顆粒のかつおだし少々(こさじで一杯くらいが目安)と、砂糖をほんの少し入れます。砂糖はこくを出すためのものですが、さっぱり味が好きな人は入れないほうがいいかもしれません。

 4、だしを入れたら、全体に味がいきわたるようにまぜ、その後でカレー粉をふりいれます。カレー粉は水分をよく吸うので、ここでフライパンの中が焦げそうになるかもしれません。その場合、お酒か水を少し入れて、加減してください。あまり水分が多いと味が薄くなります。

 5、カレー粉にも熱が入るようにさっといためたら、できあがり。味をみて、薄いようなら、しょうゆをひとたらししてみて下さい。

 カレーの味が濃いように思うかもしれませんが、中身がこんにゃくなので、意外とさっぱりしています。しょうゆがはいることで、ごはんにもよくあいますよ。

2007年2月16日 (金)

うまいのか?

P1000209

 キャオは草を食べる。

 でも世間様でよく聞くように、毛玉を吐くとこはみたことがない。

 本日もうららかな春の野原で、もしゃもしゃ。それもきれいな若葉を選んで食べているから、なんらかのこだわりがあっての行動かと思われるが・・・・うまいのかなー?

2007年2月14日 (水)

チッ!

Pict0080

 キャオは、でぶりんだ。

 体重は軽く六キロ強。下腹にたっぷり肉がついてたぷたぷしている。

 でも、運動神経は、すごい。

 フーが二十分かかってゆっくりと回る畑を、三段跳びでばびゅんと飛んでゆく。

 びゅんびゅん飛んでロケットみたいだ。

 ある日、ロケットが畑の中で石のようにじっと伏せていた。

 その視線の先には、灰色のひよどりがのんきにブロッコリーの葉をついばんでいた。

 キャオの丸い背中がかちかちに緊張している。やる気、だ。

 「おおい、キャオ、ごはんにしよーか?」

 わしは大きな足音をたてて、畑にはいっていった。

 そのとたん、ひよどりはばさばさと空に飛んだ。

 キャオはこちらを見向きもせずに、その姿を仰いで見送り、それからおもむろにわしをふりかえった。

 「なにしやがるんだ」

 と、いったわけではないけれど、あきらかにその目が舌打ちをしていた。

2007年2月12日 (月)

ジレンマ

Pict0030            

 フーはイヤなことはイヤときっぱりいえる、立派な猫さんである。

 一番イヤなのは、だっこ。無理にしようものなら、かむ、ける、放されるまでうなる。

 油っこいマグロもイヤ。ふんふんとにおっただけで、わかって、食べない。

 キャオもイヤ。でっきれ。目が合っただけで、はたきたくなるの。

 見られるのもイヤ。

 ぽかぽか日の当たる縁側で、ごろんとねころんで、ぐぐーんとのびをして、機嫌良くぐねぐねしているフーに

 「お。いい天気だね」

 と、声をかけたら、ばひゅんと視界から消えた。

 そんなフーが好きなのは「外」。

 夏でも冬でも六時には(もちろん、朝の)、出してと騒ぎ出す。ベランダに出して気を紛らわせようとしても、これじゃイヤだと更にほえる。

 でも、これはフーの健康のバロメーターなのだ。七時になっても八時になっても出してといいださない場合、熱があったり、どこか痛かったりすることがあるから、要注意。

 六時に起こしてくれるフーにうんざりしながらも、今日も元気でなにより、とほっとしている。

 もう一つ、「外」と同じくらい好きなのは「散歩」。

 それもわしについて来い、と要求する。行く、というまで、窓にはりついて家のなかをぢっと見ている。で。

 「行く?」

 と、出てゆくと、

「ウッウン。ウル。ル。うなっうなっ」

 と、のどの奥で声をころがせているような、フー独特の優しい声でスタスタと歩き出す。目がぴかぴかなので、うれしいのだろうとわかる。

 といって、家の前の畑ぞいの道をぐるりとひとまわりするだけの、ほんの短いコースである。わしの足なら三分とかからないだろう。そこを、数歩行っては地面のにおいをかぎ、畑の作物をじっとみつめ、座り込んで風に吹かれ、またとことこと歩き、柵に頬をすりすりしてにおい付けをしたり・・・と、二十分ほどもかけて、ゆっくりとまわるのだ。

 ときにはわしの顔を見上げたりすることもある。

 見ないで、のフー様なのに。

 それで、ジレンマ。

 この夏が来れば、十六歳という大台に乗る、フーである。もっと長生きして欲しい・・・。

 だから完全室内飼育に切り替えたいのだ。

 でも、散歩しているフーをみていると、気持ちがゆれる。こんなに楽しそうなのに、「散歩」をとりあげてしまって、いいんだろうか。それで長生きしたとして、それって飼い主のエゴじゃねえ?

 もちろん、外出自由猫のリスクが満載なのはわかっている。

 わかっているけど、でも、でも。でも。

 そんなことを思いながら今日もフーと散歩に出る。

2007年2月11日 (日)

ごはんが大事

P1000104_2  

 フーはうちで生まれて育った、お姫様だ。

 でもキャオは外から来た。

 小さいお腹をペコペコにして、小さい口をいっぱいに開けて

 「ごはん、どこ?ごはん、どこ?」

 と鳴きながらやってきた。

 侵入者に怒ったフーにどつかれてもどつかれても、スキをつくように庭にもぐりこんできては「ごはん!」と訴えた。そして家の子になった。

 そのせいなのかどうか。キャオは妙にあきらめのよい猫だ。なにか遠慮でもしているのだろうか。

 たとえばフーが外へ出たいというときは、戸の前に座って「おわーん、おわーん」と腹式呼吸で鳴く。いくら鳴いてもきいてもらえないとわかると、更にパワーアップした声で鳴きながら家の中をのしのしと歩く。出してもらえるまでおらびたおす。うるさくてかなわんので、わしは鳴きだしたら走って行って出してやる。

 キャオは黙って戸の前に座っている。気がついてもらえるまでひたすらチンと座っている。が、たいていはだめだとわかると、さっさとどこかへいってしまう。

 「あれ?外なの?」

 一体いつからそこにいたのかわからないキャオにやっと気がついたわし。ややあせって戸を開けようとする。と。

 「そうだったんだけど、もういいや」

 というそぶりでそっぽを向く。傷ついている少年の横顔だ。仕方ないと思っているのか。不公平を感じているのか。わしはうしろめたい気持ちになる。

 そんなキャオが珍しくねばるのは、ごはんのときだ。

 二匹ともちょこちょこ食べなので、一日にごはんたいむは五~六回ある。が、わしがパソで遊んでいたり、TVをでれでれみていたりすると

 「ごはん」

 と鳴くのが聞こえても

 「あー、はいはい」

 とナマ返事ばかりで、なかなか重たい腰が上がらない。

 「ごはんごはんごはん」

 とキャオはTVの前にすわる。パソを踏もうとする。わしにすりすりし膝にむりむり上がろうとする。それでも。

 「うんうん、もーすぐねえ」

 などと気のない返事をしていると

 ★ぷつん★

 なにかがキャオのなかで音をたてる。そして

 「ウン!!」

 と、人間のような声を発したかとおもいきや、ドカドカドカッ!と階段を駆け上がり、バラバラバラと部屋じゅう蹴飛ばしまくり、どだだだだだん!!と降りてきて、下の部屋を走る走る走る。

 仕上げに玄関マットに飛び付き、噛み付き、振り回し、蹴る蹴る蹴る!!!

 あぐれっしぶなキャオ。

これがみたくてじらしているわし。

2007年2月 8日 (木)

かてー かてー

 なんだか初めてのEメールのようにかてーなあ、昨日の記事

 でも、漢字も使えているし、句読点もちゃんとあるのでよしとします。

 キャオもフーも今日も元気。ひなたぼっこしたり、殴りあったり、楽しそうです。暖かいからですね。

 これはご近所のリリちゃん。キャオとよくメンチきってます。

 P1000162_1

2007年2月 7日 (水)

はじめまして

キャオ四歳・フー十五歳とくらしています。

こんな猫です。

Pict0032_1

巨大なみたらしだんごのようなのが「キャオ」。

Pict0037_2

ごまあえみたいな脚が「フー」です。

この二匹の日常とか読んだ本のことなどを 書いてみたいと

思います。よろしく。

トップページ | 2007年3月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

猫さんには、これ。

猫の物語