無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 犬は猫さんにほえる。 | トップページ | こもれび、検証。 »

2007年3月22日 (木)

こもれび

Haru_1

 面構え、とか、ご面相などと表現されがちな、さび猫。

 さびとら、とか、トーティーシェル(べっこう亀の甲羅柄という意味らしいです)

といういいかたもありますね。(最近はあまりききませんが)

 まぁ。確かにすごい柄だとは思いますよ。

 アシンメトリーで、なんの規則もなく、黒い毛が、きままにかすりのように飛び散っている わけです。

 宮沢賢治の物語に出てくる「かまど猫」というのも、この模様だろうと思います。

 ほら、赤トラの猫が、かまどが暖かいので、もぐりこんでススだらけ、みたいな。

 (あ♪では、シンデレラ猫ではありませんか。って、違う?)

 でも、この迷彩柄、人の目でみるからそうなるだけじゃないかと思うんですよ。

 というのも、フーが木陰などにひっそりと座っていると、そこにいるのに、ちょっとには、目に入らなくなってしまうんですよ。

 しかも、晴れていて、木漏れ日が差し込んでいたりしたら、カンペキに風景と一体化しますよ。火遁の術、ならぬ、ええと、木の葉隠れ・・・、木漏れ日隠れ、ですかね。(^^ゞ

 これ、狩りには絶対有利だと思う。

 案外、すぐれモノです。

 (ご先祖様が、ですけど。フーはあまり鳥を狙ったりはしないんですよ)

 反対にキャオみたいに明るい模様だと、遠くからでも丸見えで、目が良い鳥には警戒警報出されてしまいます。^m^

 庭で雀がぢゅんぢゅん!!と、啼きたてているので、なんだろう?と、みたら、キャオが塀に登って、木の枝にいる雀を狙っていました。

 本にゃんはヤル気マンマンで、ひげをぴんぴんにしているんですが、雀からは丸見えで、「なーに見てんのよ!捕る気?できるわけないでしょう!!」と威嚇していました。

 そのとーり、キャオはなかなか狩りに成功しません。

« 犬は猫さんにほえる。 | トップページ | こもれび、検証。 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203330/14348909

この記事へのトラックバック一覧です: こもれび:

« 犬は猫さんにほえる。 | トップページ | こもれび、検証。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

猫さんには、これ。

猫の物語