無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月30日 (月)

自然治癒力。

フーは若い頃とても暑がりで、私がこたつに電気を入れると、「暑いわよー!やめてよね」と文句をいいました。自分は暗いところで寝たいのでこたつから出たくないわけです。

仕方がないので、私はこたつの電気を切り、だって今日は梅雨寒だよぅ。。。と上着かなんかを羽織るわけです。

それが10歳を過ぎたころからだんだん寒がりになってきて、結構暖かくなっても「ちょっとー、こたつがついてないわよ!気が利かないわね」というようになりました。

昨日も結構暖かでしたが、こたつ!とおっしやるので、つけておくと、かなり熱いはずのこたつのなかで「ぶしゃ!」と、くさめの声。

湿っている感じだったので、そっとのぞいてみると、あおばなが。。。小さい鼻の穴からたらりとたれているではありませんか。Σ(゜m゜=)

風邪?いつのまに?だから寒かったの?(゜ロ゜;))((;゜ロ゜)

ちょっとどきどきしながら、こたつから出して、熱をみようかと耳や後ろ足の付け根を手で探ってみましたが、こたつでほっこり温まっているフーはどこもかしこも温かい。

あしたは獣医さんも休みだしなぁ。ふと、抗生物質という言葉が胸をかすめました。

が。待て待て。

もう二週間くらい前のこと。

テレビで「タミフル」がらみの事故で息子さんを亡くした父親に、タミフルを製造した国のジャーナリストがインタビューをしているのをみたんです。

ふと、父親が「そちらではインフルエンザはどうやって治すのですか?」

と尋ねました。通訳を通して返ってきた言葉は

「わが国では、温かくして、安静にして治します」と。

わたし、ちょっとシヨックでした。全くそのとおりだと思ったので。

(でも、身体の弱い子供やお年寄りは熱が高いということでダメージがあるわけですけども。)

そうそう、風邪は温かくして、栄養つけて治ってもらおう。

さっそく、必要なビタミン類やミネラルを調べてみたら、ほとんど持っていました。(サプリマニアではないのですが)なので、必要量をのませて、足りないところはにんじんをすりおろしたジュースを作ってのませ、(簡単にいいましたが、簡単ではなかったです。シリンジに詰めてー、イヤがるフーをだましだまし、爪をかわしかわしの作業です (T_T))

あとは温かく。あんかを入れて、こたつまわりにもう一枚かけて。

それが昨日の夜です。

そして今朝、フーは元気に早起きして、出してーと声を上げました。( -.-) =зフウー

ごはんも完食。はなもたれていません。\(o⌒∇⌒o)/

P1010617

昨日?そんな昔のこと、覚えちゃいないにゃん。そもそも、はにゃくらいで騒ぎすぎにゃ。

2007年4月29日 (日)

お気に入り♪

P1010667_1

P1010659

食べちゃいたいくらい、好き~!

ダイソーで見つけた、ぬいぐるみ。のほほんとした顔が似ているかな、と買ってやったら、喜んであそんでくれました。

もう五年ものです。小さいときの写真がないのが残念。

ジャストミートで首を狙います。そして、くわえて、ふりまわす!そういう時は目がランランとしています。さすがは、けものっていう感じ。

未だに気に入っていて、遊びます。何回繕っても、首を狙って噛むので、もう繕えないくらいにほころびています。

2007年4月28日 (土)

G・Wかぁ・・・。

P1010640_3 うちはごーるでん・ういーく、関係ないなぁ。

仕事の関係とかではなくて、人混みが苦手で。

P1010641_1 あまり沢山の人がいると、駐車場も混むし、レジも混むし、何より、待つのが苦手。

P1010645_1

だもんで。ヒトサマがお休みの時は大体あまり出歩かないです。

P1010646

ひきこもり。。。気味かも。( ̄∇ ̄;)

P1010649_1

P1010648_1

P1000445_1

ただのにゃまけものにゃ。といわれた気がする。。。

2007年4月27日 (金)

偏愛。

P1010630

ちゅーするくらい、コレが・・・・・・・・・((* ・・*)だいちゅき。

どーしてなのかはわかりません。

P1010620

ちなみにキャオはスルーです。

P1010635

わかりにくいですが、フーの毛がこびりついています。

なんの変哲もない、樹脂でできた杭なんですが。?????。

2007年4月26日 (木)

かえる。

P1010613 P1010614 P1010610

久しぶりによく晴れました。

キャオはかえるさん、発見!

これ・・・さわってもいいにょかにゃん。。。ね、フーちゃん、これさあ・・・あれ?

P1010593

聞こえないにゃ。フーは忙しいにゃん。

フーちゃん、いつもの杭に夢中であります。

:::::★:::::★:::::★

さて、「乳酸菌」の入った缶詰を食べ始めて、三日たちました。

が、これ写真にできかねますが、変化がみえないんですよ。

1、コバルジンはビタミン類なども吸着してしまうらしいので、こいつが乳酸菌を体外に排泄してしまった。

2、フーの体質に合わない。

3、三日では結果が出ない。せめて10日は食べないと。

という原因が考えられます。

食いつきはすごくいいので、もう少し続けてみようとは思いますが、体質に合わないとかだったら、変化は見られないかもしれません。

2007年4月25日 (水)

似てる?

Zukuku_5

P1000405_2

にゃ?似てるって、フーがですにょ?( ̄ェ ̄;)

どっちがどっち、というわけではないんですがー。(^^ゞ

見るたび似てるなぁ・・・って。

色といい、目付きといい・・・。(*^m^*)

フーがお空を飛んだら、最強にゃん。((( ̄へ ̄井)

さてー、それはどうでしょうかあ。。。(^_^;)

2007年4月24日 (火)

おやぁ?

今お世話になっている動物病院では、年末にカレンダーを下さいます。

わんこオンリー、犬猫あり、猫写真、猫イラストと、選べます。

私が頂くのは、猫イラスト。イロイロなテイストの絵が月替わりで見られるので、楽しいです。が。

今月のカレンダー、なにか、変。

P1010585

22日が二回!

こんなことって・・・。ヾ(>▽<)o

P1010546

えっ??それだけにゃ???(゜〇゜;)

えー・・・面白いでそ?

つまらないにょ。( ̄‥ ̄)=3

いいの。きゃーぽんが面白いから。( ̄- ̄)

にゃ、にゃんですと?!((“o(>ω<)o”))

~旦o( ̄  ̄*)♪

2007年4月23日 (月)

猫は入ってないけど、ネコ缶。

P1010529

卑怯なくらいかわいいネコ缶です。

本日はここの回し者です。( ̄∇ ̄*)ゞ

P1010530

開けると、こんな感じ。水分多い目なのは、最近噛むのが苦手になってきたフーに、向いているかもです。

なぜここのごはんを選んだかといいますと、ポイントは「乳酸菌」です。

缶にも大きく書いてあります。

フーは去年から、腎臓の数値が悪化して、「コバルジン」というお薬を飲んでいます。

すごく細かい炭の粒でできています。腎臓が弱ったことで、血中に老廃物が出てしまうんですが、このコバルジンはその老廃物を吸着して体外に排泄してくれます。

ただ、コバルジンを服用すると、便が硬くなってしまうという副作用があるんです。

確かに、その後のフーの出し物は一回り小さくなって、硬いです。

ここで、さきほどの「乳酸菌」の登場。

そうです、腸内環境が改善するのでは、という期待があるんです。(*^。^*)

先ほど、二人(二匹・二頭・・・迷うです。“o(><)o”)に出してみたところ、食いつきは抜群!!あとは様子見です。

P1010528

とても美味しい顔には見えませんが、完食でした。(*^。^*)

2007年4月22日 (日)

後ろ足の裏

一日三回ブラシかけても、まだまだ抜けるこの季節ですね。

(三回もかけませんが。(^^ゞ)

足の裏は一回ですっきりします。

後ろ足の裏は踏みしめているせいか、短くて細かい毛がフェルトみたいにぎゅっと圧縮されているので、のみとり櫛でかーりかーりととかすと、縮んだ毛がうっすら櫛についてきます。

一回櫛をかけただけで、つるつるになるんですよ。~(^◇^)/ 

でも、にゃんズには不評で、一回だけー、といっているのに、やめてー、こそばいー、はなしてー、と暴れられてしまいます。

ちなみに、フーの足の裏は昔飼っていたポメラニアンみたいな色なので、ちょっとかわいい・・・と、思っています。

Photo_5

2007年4月21日 (土)

しっぽ。

P1000245

犬と猫の一番の違いって、しっぽの使い方じゃないかと思うときがあります。

犬は怒ったり、うれしかったりでしっぽ全体ががぶんぶんふれてしまうけれど

猫はうれしいとピーンと伸ばしたしっぽが細かくぷるぷるしたり、イラついてると、ビタン!と床を叩いたり、どーしようかなーの時は、ゆらーんゆらーんとゆっくりふったりしています。使い方が細やかだとおもうんです。

私が密かに(別に隠すほどのことでもないんですが)かわいい・・・と思っているのは、フーがお水を飲むときに、先から三センチくらいのとこでぴこぴこ揺らすしっぽです。

いつも揺れるわけではないので、おいしー♪というサインかなー、と思っています。

しっぽといえば、今でも、あれはどうなんだー。と思うしっぽがあります。

よく行くスーパーの駐車場に、白に黒ぶちの猫さんが住み着いていたらしくて、しょっちゅうみかけていました。多分、パートのおばちゃんにお弁当の残りでももらってかわいがられているんだろうなー、と思っていましたが、あえて声をかけたことはありませんでした。

でも、駐車場は危ないよねぇ・・・と、きにはなっていたんです。

あるとき、ものすごく近くにその猫さんがいて、鳴いていたので、ご挨拶してみようかなー、と、しゃがみこんで、「どうしたのー?」

といってみました。すると、猫さんやはり警戒してしまって、すうっと向こうに行ってしまったんですが、最後に通り過ぎていった白いしっぽ、先から5センチくらいが白骨化していました!.....Σヾ(;☆ω☆)ノ

ぎゃあっ!っていいかけて・・・・いやまて、気のせいかも、と思って追いかけ、もう一回みてみたんですが、やっぱり、骨がむきだし。。。。。。

でも、猫さん普通に歩いていたんです。"o(-_-;*)

多分車にひかれて、感覚がなくなって、あんなになっても、本にゃんは元気・・・みたいなことだったらしいんですが、そのうち見かけなくなってしまいました。

猫さんのしっぽ、繊細なのか、以外に鈍いのか。

2007年4月20日 (金)

フーのパパは?

P1010503

フーが一回だけお母さんになったときの一枚です。

まったくみえないんですが、背中に真っ黒の男の子が寝ていました。(^_^;)

色々な子が生まれましたが、このころフーの周りにいた(多分)ご近所さんの男の子にみな良く似ているんですよ。

なので、子猫というのは、みなお父さんに似るんだなー、と思っていました。

とすると、フーのお父さんて・・・・・・・・?

サビは三毛なので、この柄のオスはありえません。

母はキジトラでした。

「猫だらけ 36の瞳」のちびんたさんのおうちでは、母がサビ、父が黒で、サビの子が生まれたのだと教えていただいたんですが・・・。

黒い猫さんは確かにいたので、やっぱりその子だったのかなぁ。

注:キャオみたいな子猫が真ん中にいますが、血縁関係はありません。。。。はずです。。。。わかんないです。あったら、どーしよう。。。。。??????

2007年4月19日 (木)

逃げる。

P1000177

またしまい忘れちゃってます。

こんなのんびりさんですが、子猫のころ、去勢の手術をしたときには忍者のような大活躍をしました。

それは、体重がまだ、今の四分の一もなかったころ。

麻酔を打つ前に、身体を拘束するものにガッチリと包まれて、不安げに目を真っ黒にして、ニャオニャオ鳴きながら診察室から奥の手術室に連れてゆかれたキャオでしたが、「あっ!」

という声が聞こえ。

いや~な予感がしていると、待合室に看護師さんが来て、

「逃げちゃったんですが」

と、おっしゃる。

うそーーー?!あんなモノで拘束されてたのに、どうやって?????

と思いながら、奥に入れていただき、名前を呼んだけれど、恐怖でパニクッているキャオは看護師さんや先生の足の間をすり抜けて、走る走る。

なにしろ小さいので小回りが利くんですよ。いまと違って。( ̄∇ ̄;)

で、更に奥の洗濯室まで入ってしまって、いや~ん、バイキンだらけじゃん、やめてくれー、キャオ、怖くないしー、出てきなさーい!!

と追い詰めて、もう少しってところで、キャオは洗濯機の下にもぐりこんで、底から裏に入っていった!この洗濯機は手術や入院している子が使ったものを洗うらしく、なかに包帯やさらしが入っていました。マジ、バイキンだらけ!!{{{{( ▽|||)}}}}

そのしっぽをなんとか捕まえて、先生が横から麻酔を打って、ようやくへろへろになって出てきましたが、始めにキャオを逃がした看護師さんはえぐられるほど手の甲をひっかかれていて、ヒヤアセかきながらひらあやまりでした。

次の診察のときは、洗濯ネットに入れて来て下さいね、と念を押されましたが、今は看護師さんに、大人しいね♪とほめていただけるくらいには慣れました。

でも、今でもナゾなのは、あの拘束をどうやってぬけだしたのか、ということ。

手足はすっぽりと包まれていたんですがねぇ・・・・・・・。(-_-)ウーム

2007年4月18日 (水)

ダブルだっこ。

P1000059

二匹、一度にのってます。(T▽T)

けっこー重たいです。

どーなっているのかというと、私の胴がいよーに長い・・・のでもなく、こたつに突っ込んだ足の膝のあたりにフーがいて、キャオは腹のあたりで寛いでいます。

始めにフーがだっこしていて、後からキャオが割り込んできて、どちらも譲らないとこういうことになります。

こうなっちゃうと、私はもーなにも出来ません。( ̄∇ ̄;)

::::::***::::::***::::::***::::::***::::::

三月の下旬にアメリカ製のフードのリコールがあって、うちも該当するメーカーのごはんを食べさせていたので、戦々恐々としていたのですが、メーカー側は、国内で出回っているものは安全です。と、いいはっていたのに、やはり、というべきなのか、またしてもリコール出てしまいました。

いい加減に隠してもムダだし、いいことなんかないし、不信感を煽るだけだということを学んで欲しいです。

気になるかたは、こちらをどうぞ。http://news01.net/news/2007/04/20070414094154.php

2007年4月17日 (火)

キャオの気持ち。

いつもはフーを追い回すキャオですが、たまにこんな場面が見られます。

P1010498

P1010499

玄関で外にだしてもらうのを待っている間とかに、ふと見ると自分の横にフーのおでこがある・・・と、ぺろぺろ。

始めは「シャー!!」

と怒っていたフーですが、それでもキャオはすきをみて、ぺろり。

キャオはフーのことが、本当は好きなんです。

そして、最近ではあきらめたのか、怒らずになめられるようになったフー。

でも、10歳も若い男の子おでこをなめられるのって、ほんとうはどうなのかなー。

もちろん、多頭飼いしている皆さんのところで見るような、らぶらぶ♪になってくれたらいいなぁ、と思っているのですが。

2007年4月16日 (月)

待合室にて

P1010407

フーは極度の怖がりなので、病院に連れて行くときには、待合室を見て、誰もいないときにだけそこで待ちます。

わんこがいたら、受付の看護師さんに断って車の中で待機します。

でないと、震えたりうなったりしてしまうんです。

過日、待合室をのぞくと、おじいさんが一人で座っていました。

どうやら患者の猫さんは奥様と一緒に診察室に入っている様子。

まあいいか、と、フーのキャリーを膝に乗せていると

「猫かい」と、おじいさん。作業服姿で、帽子は少し泥がついていて、いかにも近くの農家の方のようです。

「はい」とわたし。

「うちも猫なんだ。いま中で診て貰ってる」

わかります。鳴き声がきこえます。

「毒飲んじまってな」

えええっっっ。まさか、毒えさばらまかれたとか???と、怖い考えになってしまった私。

「うちには十匹も猫がいるんだが」

それはすごい。大先輩だ。

「前の田んぼにみずが入ると、みんなそこで水をのむんだ。でもなー、田んぼには農薬使ってるから、げーげーはくんだよ」

それはーーー、困ったね。( ̄∇ ̄;)

「農薬は困りますねぇ」

と口にだしては当たり障りのないことをいっておく。

「でもな、強い猫はアロエで治るんだよ」

それは、初耳です。心にメモの用意をする私。

「アロエって、猫でもいいんですか?」

と、つい、身を乗り出してしまいました。

「効くよーアロエ。皮むいてな、なかの透き通ったとこをすりおろして、くわせるんだ。するとすぐに治る」

うわぁ、いいことをききました。忘れないようにしなくちゃ。

「で、弱くてアロエでなおんない猫だけ、先生に診て貰うんだよ」

「そうなんですかぁ。」

大変ですねぇ、なんていっているうちに、奥様が診察室から出てこられました。

腕に白地に黒ぶちの猫さんをだっこしています。

おだいじにぃ、などと挨拶をしながら、帰ったらアロエを調べてみよう、と思っている私。

待合室で待つのもいいものです。

2007年4月15日 (日)

むかしのおはなし。

P1010492

むかし、家では小屋を立てて小鳥をたくさん飼っていました。

じゅうしまつや、いんこ、ぶんちょうなどもいたように記憶しています。

でも、面倒を見ていたのは親なので、自分の小鳥が欲しくて、夜店でひよこを買ってもらったことがありました。

ぴぃぴぃなくひよこはふわふわであったかくて、うれしかった。

たくさん遊んでやろうと思いました。

使い古しですが、ちいさなとりかごももらって、そこにひよこを入れて、日向ぼっこさせてあげようと、庭にだしました。

しばらくはひよこを見ていたのですが、飽きてしまってうちのなかに入り、おやつを食べていたら、がたん!

という音。

庭にでてゆくと、ひっくりかえったとりかごと、ちらばった黄色い羽。

なにかが生垣をすり抜けてゆくがさがさっという音などが、いっぺんにわかって、なにかおおおきなものにぎゅっとつかまれたような、ぞくぞくするかんじがして。

たべられちゃった・・・・・・・。

以来しばらくは猫をみると、どきどきしていました。

2007年4月14日 (土)

さまーたいむ。

P1010490

サマーと云ってしまうには早いんですが、このくらい朝が暖かくなると、フー様は六時起きになります。(T_T)

「だしてー、でるのー、なぜださないー、しっこしてやるー!!」

などと、ごむたいをおっしやるけれど、出せない。

しっこなら、トイレでどおぞ。

だって、私はまだ寝ていたい。(~0~)

それに、この時期、春の本能でフラリと旅に出た猫さんがちょっかい出してくるかもしれないので、危なくてしかたないのです。

それでもフー様あきらめない。

「だしてー、だしてー、だしてー」

この間、キャオは寝こけてます。

やりとりが聞こえてるはずなのに、自分のベッドでにゃむにゃむしている。

しょうがないので、ベランダに放り出して、そこで朝の空気を満喫なさい、と優しくさとすけれど、「いやじゃー、ここはお外とちがうにゃーーーー」

と、のたまう。

そんなこんなしているうちに、私はすっきりさっぱり目が覚めて・・・。

そして、まんまと外へでたフー様、やれやれ、わからずやの飼い主を持つとつかれるにゃあ、と、お昼寝。

!!!

P1010487

たくさんできて食べきれなーい、とおいておいた、ブロッコリーがこんなことに!

2007年4月13日 (金)

獣医さん。その3の続き。

P1010476

あそこの病院の先生、入院したんですってよ、と聞いたのは、ご近所の主婦のクチコミでした。

うちの周りは犬さんが多くて、始めはそういう方から聞きました。

曰く、過労で倒れたらしい。

曰く、ご実家は隣町。

曰く、ご実家は自営業で、リッチらしい。など。

その頃は今ほど頻繁に病院には行ってなかったので、大変だなー、くらいの感想でした。

それから、半年位たって、フーの兄弟が怪我をしたので久しぶりに行ってみますと、先生、疲れが目だっていました。たとえば、びっくりするほど髪が白くなっていたり、声が弱かったり。。。大丈夫なんだろうか、と心配になるほど。

でも、やはりムリをして病院を続けていたのか、また何ヶ月か後に入院したというお知らせが貼ってあったりして、さすがに、どうしようか、と思いました。

緊急のとき、診ていただけないのでは、困ってしまう。

最終的に、この先生にはもう診ていただいていません。

それは、フーがワクチンしていないことで相談したとき、「ぼくの調査では、このあたりの猫の90パーセントは猫エイズですよ。」

と、いわれ。

それじゃあ、エイズ検査をすればいいんですが、もしエイズってわかってしまったら、自分が挫けそうだったこともあって、なかなかお願いできずにいたとき、困ったことにフーが体調を崩してしまったんです。

そのときは、今の獣医さんにかかり始めていた頃だったんですが、私の不注意でそこがお休みで、。。。。。それでも心配だし、と、連れていくと、

開口一番に「この猫まだ生きていたんですか」と、いわれて・・・・・この獣医さんとはもうお付き合いしたくない。と思ってしまいました。

多分、私が先生に一任します、という姿勢ではなく、考えさせてくださいとばかりいって、ワクチンもしなかったことで、なにか感じていられたのではないかとも思います。

いわゆる「頭でっかちの飼い主」だから、なにいってもムダ、みたいな。

「ぼくもねー、猫がしゃべれて、先生今日はお腹が痛いんです、とかいってくれればわかりやすいんですけどね」

ということをいわれたこともあります。

医者はスーパーマンじゃないんだ、と、暗にいっておられたと思います。

今では三階建ての病院を建てて、開業しておられます。

そんなこんなの後で、今の先生に落ち着いています。

明日は、いつものお気楽キャーぽんにもどります。

お付き合い、ありがとうございました。m( __ __ )m

2007年4月12日 (木)

獣医さん。その3.

Pict0291

昨日に引き続き、獣医さん。あれこれ。批判じゃないです。(^^ゞ

ワクチン、必要ないです、とおっしやる先生にあえて反論もできないまま、数年が過ぎたころ、近所に新しい動物病院が開院しました。

車で十分かからない。これはうれしい。(*^^)v 

なにしろ、フーは車に乗っている間中、おらびつづけます。小さい肉球に汗をいっぱいかいて・・・。「たすけて~、らちかんきんよ~!おいしくないわよ(?)~!!」という具合で。

さっそく行ってみると、前は小さい雑貨屋さんかなにかだった店舗を病院に作り変えた・・・結構大変でした。というかんじの、間口の小さな病院で。でも、受付には病院がなお小さくみえてしまうような・・・大きな(?)おねいさんがいました。

いきなり病気で行くと、病院の対応がきになることがある・・・ということをそれまでに学んでいましたので、始めは、検便からお願いしました。

対応して下さったのは、それはそれは若い先生で、でも一生懸命、丁寧に説明していただき、納得の会計だったこともあり、大変うれしかったです。こんな近くにいい先生が開業してくれて、良かったー、って思いました。

先生が若いということは、それだけ技術が新しいということでもあります。

開業してしまうといそがしくなって、なかなか新しい講習会などに出席できなくなるらしい・・・ということも、その頃にはわかってきました。

そして、獣医さんは、人間なのだ、というきわめてあたりまえーのことに気がつかせてくださった獣医さんでした。

多分開業にあたって、ものすごく設備投資にかかってしまったのだと思います。

そこの料金設定はどこより安かったので、患者(正しくは、患畜と、畜主らしいですね。)がそれはそれは多くて、いつも一時間以上待たされる、人気(?)のある動物病院になって、設備も少しづつ改良されていき、病院も大きくなり、がんばってるなぁ・・・・・と、おもっていた矢先・・・・・先生、倒れました。働きすぎです。

Pict0205

キャオも倒れました。うそです。ベロだしたまま寝てしまっています。見ている間・・・五分くらいだったでしょうか、だしっぱなし。

乾くのは気にならないんでしょうかねー。(^_^;)

2007年4月11日 (水)

獣医さん。その2.

Pict0058

ネットって、本当にありがたいと思います。

知りたい情報が居ながらにしてわかるわけです。しかも、プロの意見までわかるし、素人さんが、本音をもらしているのをきくこともできます。

しかし・・・それはあくまで情報であって、実際に自分にあてはめることができるかというと、かなり難しいです。

特に医療関係。

で、また獣医さんのことです。

昨日、熱を出した子猫が一メートル以上もある診察台から、ネットに入ったまま落ちたというのに、笑って落ちましたねー、と他人事のように云われた獣医さんのことをお話しましたが、じゃあ、次はどうしよう、てことになりますよね。

電話帳で探す、しか選択肢がないわけです。

これが犬であれば、散歩に行って、挨拶なんかして犬友達を作って情報収集、なんてことも可能ですが、猫だとその手は使えません・・・。

で、電話帳。隣町に車で二十分強のところに一件、発見。

これだけしかないんです。“o(><)o”

選べないんです。イナカは。( ┰_┰)

迷っていても仕方がないので、フーと、フーの母のランはここで避妊手術をしていただきました。あの頃で、60代くらいの男の先生で、今度は無責任な言葉もない、まあ大丈夫だろうと思える先生だったので、二年くらいはここへ通いましたか。

でも、ワクチンに対する考え方が古風でしたよ。

先生にワクチンはいつごろ受けたほうがいいか質問すると、

「猫エイズを心配してるの?あれは洋猫が持ってきた病気だから、近所にそういう猫がいなければ、ワクチンなんかしなくても、いいんだよ」

と、おっしゃるんです。

てゆーか、猫エイズのワクチンて、まだない頃のはなしなんですけどね。

それは、フーもランもふっつーの猫で、血統証なんかとは無縁の猫ですよ。

でも、健康で長生きして欲しいという思いは、そんなのかんけーないです。

しかし、それ以上強くお願いするのもはばかられ、結局、フーは小さい頃にはワクチンしてないんです。(でも、15歳になった♪・・・・先生が正しかったのか、フーの運が強いのかは、神様しかわからないです・・・。(^_^;) )

P1010471

↑ランの眠るところに咲く花です。

明日もこの話題です。しばらくかかりそうです。(^^ゞ

2007年4月10日 (火)

獣医さん。

P1010457

昨日の朝、霰が降ったと思ったら、夕方にはこのような虹が出ました。

薄いのでちょとわかりにくいですが。(^_^;)

久しぶりに見ました。(^_^)

実際はこの上に更にうす~い虹が架かってダブルだったのですが、私の腕ではそこまで写すのはムリでした。

 さて、私は獣医さんのことをいうとき「今の」とついいってしまいますが。

 そうです、何度か変わったからなのです。

 始めはご町内の獣医さんでした。車で十分以内の所にあります。

 フーがまだ生まれて三ヶ月くらいの時です。こたつに入ったままあんまり出てこないので、ひっぱりだしてみたら、ふかしたてのおまんじゅうみたいに温かくて・・・・うわあ!熱がある!!と、びっくりして、初めて連れていきました。

 洗濯ネットに入れてきて下さいと電話したときにいわれたので、そうして、診ていただいたのは女性の先生で、ネットごしに熱を測って、ファスナーを少し開けて頭を出し、口の中を診て、カリシでしょう、ということで、注射をしてもらいました。

 子猫だからパニクらないようにネットに入れるんだなー、と内心感心して安心もして、カリシの説明を聞いていたら、ふと目をはなしたときに、ネットに入っていたフーが診察台から落ちてしまったんです。

 目を離したこちらも悪かったです。が、そこには看護師の方も横にいたのに。先生は

 「あっ!!」って云った後、「あはは、落ちましたね」なんでもなかったように笑いました。

 二度と行くか!!でした。

P1000042

この話は、まだ続きます。(^_^;)

2007年4月 9日 (月)

一芸?無芸?

今朝のかみなりはすごかったです。

いきなり(って、寝ていたからですが)バリバリバリドシャーーン!!

という音で目が覚めて、あ。やばい。パソのコンセント抜いたほうがいい。すごい近い。でも、ねぶたいよ~。何時だよ。四時かよ。ねぶたいわけさ・・・。あー。コンセント・・・。

だの、ごねごね思っていたら、なにやら、カチカチという音もしている・・・?

あられだ。

P1010421

今年は雪を見ないで春だなーと思っていたら、こんなのが降りましたよ。

あんのー。

P1010430

ほい?

バトンはどーにゃっているにゃ?

今からです。(^_^;)

語尾を猫語にするバトン~!

+。::゚。:.゚。+。ルール。+.。゚:;。+゚+。::゚。:.゚。+。。+.。゚:;。+゚+。::゚。:.゚。+。

・これが回ってきたら次に書く日記の語尾すべてに
 「にゃ」「にゃん」「にゃー」等をつけて書きます。
・「な、ぬ」も「にゃ、にゅ」にします。 
・一人称は必ず「我輩」にします。
・日記の内容自体は普段書くような当たり障りのないもので構わないです。
・日記の最後に5人!まわす人の名前を記入するのを忘れないようにします。
・既にやったことがある人でも回されたら何度でもやる事。

さて。にゃにから始めますかにゃ。

我輩!踊るにゃ♪

P1010443

P1010444

にゃほい♪あにゃい♪

P1010446

にょにょん♪

P1010447

ふぅ。我輩の踊りはどうにゃん。

陸に上がったトドがお腹痛いとこかと思ったにゃ。( -_-)

フーさん、相変わらずきついですね。ゞ( ̄∇ ̄;)

ちびほさん、ありがとうございます。(*^。^*)

楽しかったですが・・・五人に回すっていうのは。。。。。

転がさせてくださーい。m(_ _)m

どなたか拾ってくださるとありがたいです。

2007年4月 8日 (日)

事件にゃ!

Jikenn

 はっ!!

 きゃーぽん、どーしたの?

 事件のニオイがする・・・。

 えっ?

P1000220

 あっ!ほんとうだ。にらみあってますね。

 大きな黒トラ君と、・・・あれは裏のみー君ではないでしょうか。

 ケンカですね。春だから、といってしまえば仕方ありませんが、なんとか和解の方向で進んではくれないでしょうかねえ。

 あれ。こちらに気がついたもようですよ。

P1000219

P1000221_1

 緊張が一気に切れましたね・・・残念!

 ネタギレかにぇ?ワトソン君・・・・(ーー;)

 え?まま、まさか。( ̄▽ ̄)

 あしたは、ちびほさんから回ってきたバトンがあるもん。ネタギレなんて、そんなー。

   ★     ★     ★

 作者注:猫さんのケンカ危機一髪以外はイメージです。

2007年4月 7日 (土)

にゃんこのバトン

「ねこだらけ 36の瞳」のちびんたさんから、フーにバトンをまわして頂きました!

初めてなのでどきどきです。

(*゜ro゜)フーさん、このバトンけっこーおもいっすよ。大丈夫っすか?

とにかく、GOにゃ♪

おぉ!前向きですねっ!

走ってしまえばなんとかなるにゃん~。♪~( ̄。 ̄)

P1000904_1

あばうとですねぇ。猫さんだから、いっかー。(^_^;)

じゃぁ、始めます。

『にゃんこのバトン』

1.飼い主さんに一番望むことは?

最近、折りたためて四角くなる変にゃものにょの前に座ると、重たいおしりがもーっと重たくなって、なかなか立たないにゃ。あれなんとかして欲しいにゃ。o( ̄ ^  ̄ o)

あー、ぱそですか。すいません・・・・・。(^_^;)なにしろ手が遅いもので。(〃'∇'〃)ゝ

2.飼い主さんのここが好きというところは?

Pict0042

・・・・・・・・・・・・・・好き?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そ、そんなに考えこまないと出てこないんですかっ?(T_T)

3.飼い主さんのここは困るというところは?

ささは常識がなくてこまるにゃあ。ごはんにじゃりじゃり入れたりするしぃ、車に乗せるしぃ、お腹はさわらにゃいでとゆーにょに、ごりごりするにゃん。( ̄へ  ̄

じゃりじゃりするのはお薬だよー。車に乗らないと獣医さんに行けないし、お腹には腎臓のツボがあるんだよぅ。フーに元気になって欲しいだけじゃん・・・・・(T_T)

4.飼い主さんに一言

一言ではたりにゃいのー♪

5.飼い主さんと一日だけ変われるとしたら何をしますか?

ささはー、よく猫はいいなー、とかぼやいているにゃ。だから、このままがいいにゃー。

ごはん作ったりー、こたつに電気いれたりー、背中かりかりしたりー、これみんなささにしてやるにょは、いやにゃ。(ΦωΦ)

・・・・・・(T△T)

でわ、このへんで終わりたいと・・・・お?P1000585_1

おれに聞くことはにゃいにょか。(○`ε´○)

今回はーご指名なので・・・・( ̄∇ ̄;)

でわっ。これにて!

   ★~★~★~★~★~★

ちびんたさん、ご慧眼です。フーにまわしていただいてありがとうございました。

(/*^^)/

これは「にゃんこのバトン」というもので質問は以下に。内容は自由に変えてもいいそうです。

『にゃんこのバトン』

1.飼い主さんに一番望むことは?

2.飼い主さんのここが好きというところは?

3.飼い主さんのここは困るというところは?

4.飼い主さんに一言

5.飼い主さんと一日だけ変われるとしたら何をしますか?

では、「7匹のにゃんこ」のチャシロ君!

それから「猫と日向ぼっこ」のアラレさん!

よ(^o^)ろ(^o^)し(^ ^)くぅ(^-^)ノ゛

忙しい場合はスルー、ありですよ!

2007年4月 6日 (金)

ごはんにゃ。

 天気予報では、晴れ時々曇りなんていってたけど、散歩に出たら、晴れているのに雨が落ちてきましたよ。(ーー;)

 これじゃフーもキャオも帰りたがります。

 晴れているのになぁ・・・・・せめて虹くらい出てくれないだろうか?無理ぽ?

P1010386

 仕方がないね。きゃーぽん、面白い顔してみようか?

 ・・・・・・ムリにゃ。今忙しいにゃ。

 なにが忙しいんだろ。んじゃあ、フー、なんか・・・。

P1010390

 フーも忙しいにゃ。ごはんをもらわないと、なーんにもできないにゃん。

 さっき食べたじゃん。(T_T)

 Σ(゜m゜=)・・・・・まさか、キャオがいそがしいって・・・・・。

P1010406

 とーぜん、ごはんニャン。( ̄^ ̄)

 ( ┰_┰) 。。。。。あのー、ダイエットは・・・・・・・?

 ( ̄▽ ̄)なんのことにゃ?

2007年4月 5日 (木)

さくら・さくら。

P1010358

 近くの公園に花見に行ってまいりました。

P1010373

 こちらは枝垂れ桜。

P1010372

 足元にはこんなラッキープランツ♪

 ご覧いただいている皆様に、何かいいことがありますように。(^o^)/

 勿論にゃんズはお留守番・・・・・。

P1010376

 ベランダに干しておいたカドラーやスクラッチハウスに入ってお昼寝していました。

 フーが見えにくいですね。

P1010375

 こんな感じです。(*^m^*)

2007年4月 4日 (水)

メンテナンス

P1010317

 本日はキャオもメンテナンスの為、休止中です。うそです。

 花冷え、とTVでいっていましたが、ほんとに寒くて、ずーっと私の膝で寝ていました。

 ちょっとしたゴーモンです。(^_^;)

 でも、こうして顔だけ見ていると、子猫のようでもあります。(←ばかです。(^^ゞ)

 フーはこたつの中です。

     ★   ★   ★

 最近、猫のフードにリコールが続いていて、なにかと不安ですね。

 ネットを見ていたら、2チャンネルでもそれが話題になっていました。

 みんな不安で、誰かに意見を聞きたいんだな、でも、掛かりつけの獣医さんに相談して、「本やネットで頭でっかちになった飼い主」って思われるのはいやなんだなーと思いました。

 私も、それはいやかもなぁ。

 獣医さんに相談してみよう、と思っていたのですが、少しくじけてきました。

 さあ、どうしよう。

2007年4月 3日 (火)

いたらきにゃん!!

 今日も朝から雨。

 しかも、昨日より寒い。{{ (>_<) }}

 そして、暇をもてあましたにゃんズは、一時間おきにごはんコール。

Photo_3

 ↑良い子で待ってます。(^^)

P1010289

 あっ!!

Photo_4

 ひとりじめは、だめ★

 フーとはんぶんこ、だよ。

 うちでは、サシミをかるーくチンしたのがお気に入りです。(^^)

 冷たいままだと、くいつきもいまいち。

 なにかの本で、猫はハンターなので、活きのいい温かい肉が・・・つまり、しとめたての肉に近いのがお好みなのだ・・・と書いてありました。

 ちょっと、こわいかも、です。(^_^;)

 

2007年4月 2日 (月)

荒野のワル三ニャン組

P1010281

 今日は雨模様。

 それでも外に出たいにゃんズ。

 で、行ったらいったで、五分で帰ってきました。寒暖の差が激しいですね。

P1010192

 で、今日はキャオが小さい頃の一枚を見て下さいね。

 はい。三ニャンいますねー。(^_^;)

 一番奥で困惑顔をしているのが、キャオです。

 この子達が庭に来たとき、正直、見なかったことにしたかったです~。(^^ゞ

 子猫はかわいいけど、ひきとれるわけがない。オスばかり三匹なんて、フーのストレスの素になるに決まっていますしねぇ。

 といって、里親を探すのも大変。お願いだから、他所にいって欲しかった。

 身勝手ですね。

 で。結果どうなったかといいますと。

 「とにかく健康診断してから、家の子にするか、里親を探すか、決めよう。」

 考えに考えて、もういやになるくらい考えて、結局子猫の愛らしさに負けました。(T_T)

 決心した日、たまたま用事があって半日家を空けたんです。

 勿論、フーは家の中でお留守番。子猫達には縁側にごはんを置いていきました。いつものように。

 そーしーたーらー、ですねぇ。これうそついてんじゃねぇ、とかいわれそうですが、本当にキャオを置いて、他の子がいなくなってしまったんです。

 キャオだけが、ぽつんと縁側に座ってました。

 始めはお腹が空いて他所にもらいにいっているんだと思いました。でも、暗くなっても帰ってこない。心配になってあちこち探しにいってみました。でも、いない。

 保健所にでも通報されたのかと、電話もしてみましたが、そういう猫はいないし、事故の知らせもない、といわれて、一体・・・?と、もう、わけがわかりませんでした。

 それで、なんか毒気を抜かれた・・・といいましょうか、決心が腰砕けになった・・・といいましょうか、なんだかなー・・・もういいや。里親さん探さなくても家の子になればいいじゃん。と、なって、今に至ります。

 いまでも、夕暮れになるとつい、キャオのお兄ちゃんが遊びにこないかなーなんて思ったりするんですが、まったく見かけません。

 なんだか、自分のキャパを誰かに試されたような気分です。 

2007年4月 1日 (日)

たぶんトド。

P1010267_1

 きゃーぽん。立派なお腹だね。子猫が五匹出てきてもおかしくないよ。。。(T_T)

 だからさぁ、ダイエット本気で考えようね。

P1010254_1

 もう猫を越えてるにゃん。アザラシ?カバかにゃ。トドだにゃん。 ̄m ̄ 

P1010248_1

 やかましいにゃ★立てばわからにゃいにゃん。o( ̄ ^  ̄ o)

 威張るとこかいっ!ごまかしても、だめだよ★

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

猫さんには、これ。

猫の物語