無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« はやとちり。 | トップページ | あめ・アメ・雨。 »

2008年5月 2日 (金)

手づくりごはん。

P1130652

ご心配頂いております、このふたりの風邪ですがまだ治ってはいませんsweat02

今の所は鼻水が出るくらいなので、様子見でいいかと思っています。

ありがとうございます。

P1130634

さて、猫に手づくりごはんしようと思いながらだらだらとドライフードに頼って参りました。

が、ここのところフーの消化力が落ちてきた気がするんです。

それで、少しずつやってみようかと思いまして、本を買いに行きました。

P1130676

左が題名通り、猫のごはんの本です。

写真満載できれいです♪これは初め「猫だらけ 36の瞳」のちびんたさんが推薦されていたんです。

そのときも、いいな~と思いつつ注文していなかったんですcoldsweats01

ですが今回はやはり必要だと思い、書店にあったので、即買い~♪

で、右です。

「ペットの自然療法事典」

監修 山根義久(日本獣医師会会長)

著者 バーバラ・フジエール獣医師

発行元は産調出版。定価 4,300円+税

これは今回掘り出し物!!

ちょっと値段が張りますが、それだけの価値はありそうです。

え~と、上手く説明できますかどうか。

長くなりそうですが、お時間のある方、またはホリスティックに興味のある方お付き合いくださいね~。

この事典は簡単に言ってしまうと「家庭の医学」のわんにゃん版みたいです。^^

まずはペットに何故「自然療法か?」ということから始まり、健康診断の必要性や、栄養について、ハーブやフラワーレメディーやホメオパシーにも触れて、デトックス(毒だし)の必要性やそのやり方も説明してあります。

そして、さまざまな病気について説明していくのですが、フーも患っている腎臓疾患について述べているところを軽~く引用してみます。

初めは慢性腎不全について、どのような病気なのか、犬や猫の身体の中でなにが起きているのか説明されていきます。

次に徴候があげられています。

口渇亢進 多尿 体重減少などです。

その次がいいのです。

「あなたにできること」

これを教えてくれるんですよ!

腎機能の観察の仕方やマッサージのやり方、それと、これは知らなかったのですが腎疾患があると高血圧も発症するのだそうです。で、高血圧自体が腎臓に負担をかけるので、血圧も要チェックなのだそうです。

次は食事について、食べさせた方がいいもの、避けたほうがいいものの説明があります。

お次は待ってましたの「自然療法」♪

初めは「サプリメント」の種類を書いてます。

それから「ハーブ」と、「漢方」について。

腎臓サポートのハーブの処方も出ています。

次が「バッチフラワー」。

「鍼と指圧」についても説明ありです。

次が「カイロプラティック」。

腎疾患のある高齢動物の多くは後肢に衰弱が見られるそうなんですって。

良かった・・・フーはまだそれは大丈夫♪

最後は「ホメオパシー」です。

ここでは三種類。

アルセニカム。フォスフォラス。ナット・ムール。が処方可能ですとか。

でも、獣医師であるホメオパスに処方してもらうのが一番望ましいそうです。

長かったですね~。すみませんね~。(^^ゞ

でも、ひとつの病気について、これだけ多方面からアプローチしてくれるのはありがたいです。

今まで、ホメオパシーだけの本やごはんだけの本はありましたが、ここまで全体的に、しかも具体的に書かれていたものは、私は見た事が在りませんでした。

ですから、フラワーレメディやホメオパシーをやってみたいけれど、近くに学ぶ場が無いという皆さんにはもってこいではないかと思いました。

勿論、私もやってみたいけど出来なかったひとりです。

フーだけでなく、よく風邪を引くキャオにもなにかしてやれたらいいと思います。

ただ、ひとつだけ、惜しい!点があります。

折角ここまで説明しているのに、サプリの量などがほとんど「犬」メインなんですよ。

「猫は」って分けて書いてある部分も勿論沢山あるのですが、大体はワンコ向け。

ですから、できたらなのですが、今の掛りつけの獣医さんとお話して、一緒に考えながらできたら最高ではないかと思いました。

ながながお付き合いいただきまして、ありがとうございました。

前記事のコメント、ご訪問遅れております。ごねんなさいですsweat01

時間を作ってじっくりしていきたいと思います。

« はやとちり。 | トップページ | あめ・アメ・雨。 »

」カテゴリの記事

コメント

なかなか良さそうな「ペットの自然療法事典」ですね。
出たばかりのようで見かけたことがありません。
大きい本屋さんへ行って見てみよう。
なるべく薬じゃなくて自然の力を上手く利用して効果を出すほうが体の負担が少ないですものね。

5月にしては天候が安定しませんね。
もっと晴天が続くはずなのに そうすればキャオちゃんたちもケロッと治ると思います。
もう少し頑張ってくださいね。

restaurantヤムヤムママさんへ
この本の発行は08年の一月十五日と
なっていますが、最近は発行日と
書店に並んだ日が違うことも
あるみたいなので、多分新しいのではと
思います。
この本にひかれたのは、獣医さん任せ
ではなく、飼い主さんも出来る事がある
とわかるところです。
ただ、あまり「しったか」すると
獣医さんに寄っては嫌われますから
そのあたりが難しいです。

ありがとうございます。
今日も雨で寒いんですよ~rain
それでも出たがります。クシャミしてるのに。暖かくして治して欲しいのですが。

おぉ~、なんだか専門的な言葉がたくさんcoldsweats01
健康に関することって、答えがいろいろありますね
個体差もあるし、好みも違ったり・・・
さささんの努力で、2にゃんのが日々
健康な状態でいられるといいですねhappy01
まずは、風邪を治さなきゃね!

良さそうな本ですね!!
読んでみたいような、わたしに理解できるかしら?
でもこういうのって、一旦はまってしまうと、すんご~いはまってしまいそうな予感・・・
結構好きな世界です。

でもこの前、雑誌に載ってた手作り猫ご飯を作ってみたら、もっぷには不評でした。
気むずかしい猫だわっ!!

こんにちは~。

キャオちゃん、まだグズッテルんですね。
早く治るといいのに~。

ところで、bookいいですねsign03
内容もさささんの記事から想像すると
いいじゃないですか~。
真似して買っていいですか~。

実は・・・フォスフォラス処方されたので 私飲んでるんですよ。。。

restaurantemiさんへ
すみませんです~sweat01
こういう本、欲しかったので
コーフンしてしまいました~dash
ほんとうは元気な猫とまったり~♪
というのが理想なのですが、
ウチは何故か若いキャオまで
いつでも風邪引き君なので、なんとか
してやりたいと思っています。
そうなんです。
まずは風邪~!!coldsweats01

restaurantべべさんへ
この本、お奨めですよ~!
写真も沢山入っていますし、
分かりやすいんです。
病気のことだけでなく
普段から健康に過ごすには
どうしたらいいかなどという事も
書いてあるんです。^^

おっ、べべさんも手づくりされてますか♪
もっぷちゃんはなにが好きなのでしょうか。
猫の好みってほんとに色々で難しいですよね~。
ウチも出来るところから始めてみようと
思っています。

restaurantちびんたさんへ
こんにちは~。^^
ありがとうございます♪
今日も寒いです。
ふたりの鼻水はまだ止まりそうも
ありませんsweat02

この本、分かりやすくて
とてもいいですよ~♪
マネだなんて仰らずに
どんどんお買い上げを~note
といって書店の回し者ではありませんが。(^^ゞ
フォスフォラス、腎臓病の項目では「急性腎疾患」とありますが、多分この意味ではないと思いますよ~。

手作りごはんってわたしも作った事あるんですけど
案外とお気に召さなかったようです。
さぞかし喜ぶだろうと思ってただけに
私の失望感は大きくてそれ以来作っていません。
猫の好みは分からないdown

restaurantkyochanさんへ
kyochanさんも手づくりされましたか!^^
確かにそうですよね~。
猫の好みを探るのはなかなか難しいことです。多分私も撃沈するんだろうな~。
それにウチのは年も取ってますから
きっと頑固にいやがりそうです。
どうやって工夫しようかと今本を見ながら
考えているんです。ちょっと楽しいです♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203330/41070438

この記事へのトラックバック一覧です: 手づくりごはん。:

« はやとちり。 | トップページ | あめ・アメ・雨。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

猫さんには、これ。

猫の物語