無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« おげんきですか? | トップページ | 杭がすき。 »

2009年1月23日 (金)

低体温、その2。

P1160883

こんばんは。

つい今しがた、お膝で目薬の「リンデロン」を点されて、目からお口に薬が流れてきたのかぺろりとベロを出すフーにゃんです。

前記事ではなんだかパニクッたまま書き散らしてしまいました。

コメントを下さった皆さん、ありがとうございます。

レスもまだです。すみません。

一度ごはんをもどしたくらいで、あれはないだろ~と、自分でも思います。

ただ、説明してなかったこともあります。

去年の血液検査のとき、フーの体温が一度下がって、低体温といわれたと軽くふれました。お年の所為なので、さわぐことでもないとも。

実は・・・・なのですが、その一ヵ月後の12月に尿検査をしたときもまた体温を計っていただいていました。

そしたら、また下がっていたんです。

11月のときは、37.5度。

12月は37度ジャスト。

先生が「あれ?」と首をかしげてすぐに計り直して下さったのですが、変わらず。

私はとても不安になって、「何故ですか?」と伺いました。

先生は小首をかしげながら「う~ん、やっぱりお年かな~?」と。

トカゲではないので、体温は気温とは関係ありません。

だから、お年の所為とはいえ、たったの一月でそんなに下がるものでしょうか。

でも、私はたったの四匹の猫しか飼ったことはないですが、先生はそれこそ数え切れないくらいの猫を診てこられました。

その先生がお年の所為とおっしゃるのなら。

そう思おうとしていました。

でも、体温が低いというのは子猫なら致命的な状態です。

でも、でも、でも、と考えながら不安で不安で毎日怖かった。

で、「きゃどっく」など、なにか出来ることはないかと、試行錯誤してました。

そんなとき、吐いて食べなくなったというのは、すごく怖かったんです。

だから、すぐに翌日病院に行きました。

オシッコもがんばって採る事ができました。

オシッコは今までとほぼ同じで、心配なしでした。

でも、体温は、また下がっていたんです。

36,7度。

そう出たのを見てしまったのですが、先生は素早くリセットして、また計り直してくださいました。

出たのが、36.9度。

P1160868_2

私はフーと同じくらいの年でこんな低体温の子はいるのですか?

と、質問しました。

いないね~。という答え。

はぐらかそうとしているのではなくて、大丈夫そんなに心配はいらないって、というニュアンスを感じました。

その日はそのまま帰りました。

先生は大丈夫そうに言ってくださったけれど。

もうあんまりフーといられないのかもしれないって思うと、悲しくて、新しい記事を書くことも、頂いたコメントにお返事を書くことも出来ませんでした。

で、私のやったことといったら、ネットでフーが好きなカリカリを注文したこと。

今までは腎臓サポートを食べて欲しくて、買わなかったんです。

それと、同じように低体温の子がいたら、なにかできることはないかって検索したこと。

残念ながらこっちはないんです。

検索ワードがダメなのかな。

もしどなたか、低体温で有効ななにか情報があったら、コメントください。

おねがいします。

前記事のレスは、後になりますが、しますので、お待ちくださいね。

« おげんきですか? | トップページ | 杭がすき。 »

」カテゴリの記事

コメント

そうだったのですか。。。
そういう時は、経験豊富な先生がなんと言おうと
やっぱり気になって仕方ないのは
当然の気持ちだと思いますwobbly
あれこれ調べることだって、きっと役に立ちますしね
体温とか目に見える数字で表れると尚更ですよね
心配だ~dash
低体温についての知識がまるで無く、お役に立てませんが
自分もちょいと検索したところ、やはり温めるのがよいみたいですね
急に暑い所というのはよくないそうで、
タオルで覆ってマッサージしてあげたりするとよいみたいですね
すいません、こんなことしか言えなくてsweat02
お大事にしてくださいねsign01

こんばんは。
チョロの事では色々ありがとうございました。
フーさん その後いかがですか?
低体温について、今調べてみたんだけど、あまりヒットしてくれないんです。
フーさん、腎臓の方は落ち着いてましたよね。
体温と腎不全ってのも関係ないともいえないような・・・。
心臓の方は、きっと聴診器あててもらってるだろうし、大丈夫のはずだし。。。
体力が落ちてくると 自分の体温調節がうまくいかなくなるってのはあるらしいです。
また、痩せてきてもそうなるんですって。
フーさんに食欲が戻らないと心配でしかたないですよね。
ただ、普段からお洋服着てる子はいいけど、そうじゃない子にとっては、ストレスになるだろうから 何か着てもらうってのも、どうなんでしょう?
ごめんなさいね、さささん、私がちょっと焦ってしまって とりとめも無い事を書いてますね。
う~ん、私なりに調べてみます。
先生は大丈夫だと言われてるみたいだけど、
けど、けど、やっぱり気になりますよね。
数字だけで言うと、やっぱりかなり低いと思います。
フーさんにもう少し脂肪がついてくれるといいんだけど・・・。
すいません、またまた 役にも立たない事書いちゃいました。
私も 情報集めてみますね。

ribbonemiさんへ
ありがとうございます。
自分のことだとテンパッテしまって
なにから手をつければいいのやらと
却って何も出来なかったりするのでアドバイスは
とっても嬉しいです。
マッサージ始めてみました。
フーも気持ちがいいみたいでグルグル喉を鳴らしながらじっとしています。
検索、色々見ているのですが大体は低体温て
闘病の末に、とか、子猫を拾ったとか、
フーとは状況が違うのばかりです。
今の獣医さんにはとてもお世話になっていますし
これからもお願いしたいのですが、今回ばかりは
セカンドオピニオンとか考えてしまいます。
でも、この田舎ですからどこにしようっても
限られていて・・・・。
でも、今日のフーは大分食欲も上がってきました。
早く温かくなって欲しいです。

こんばんは♪
私も探してみたのですが これと言ったものがなくてね。
それで 面倒で駄目もとでも試してみたいなら
楽天とかで開業している獣医さんのサイトでは 無料で質問に答えてくれるのがあるのよ。
それには細かい問診表に書き込まないといけないのですけれどね。
かかり付け以外の意見を聞きたいというときは気軽に相談できる感じです。(良かったらメールでサイトお知らせします)

「しろいねこ」のすえこちゃんもフーちゃんと同じ年です(たしか)
やはり体温低くなって来てますよ。
もしよかったらコメントでもメールでも相談してみては?
ちゃんとお返事くれる管理人のめわさんです。

とりあえず暖かくしてあげるのがいいかと思います。
人間も年取ると体温調節が出来にくくなるから厚着してますもの。
何か出来る事をしてあげたいって前向きですよ。
獣医さんによって説明を沢山する人 聞いたことしか答えてくれない人色々です。
体温の場合は これ自体が病気ではないからかえって不安ですよね。
だから余計説明がしにくいのかも?

ribbonちびんたさんへ
ありがとうございます。
メールもありがとうございました。
とても嬉しかったです。
私も最後の体温を見たときは
今にもフーが倒れるんじゃないのかって
自分が血の気が引く思いでした。
今日はこちらは雪が少し降って凄く寒いです。
なのに、キャオがお外コールをすると
おコタから出て来て自分も行くと主張しました。
ちょっと嬉しかった。
ごはんも大分食べるようになってきました。
でも、前に体温が低かったときもごはんは普通に
食べていたので、これで上がるとは思えないんです。
マッサージ、今もやってました。
体温が低いということ、先生があまり気にしないほうがいいみたいな感じで仰るのもわかるのです。
明日、目を覚まさなくても「大往生じゃないですか」
といえばいえなくもないですもんね。
でも、そんなのいやなんです!
私も諦めないでまたネットで探します。
なにかありましたら、お願いします。
ほんとうにありがとうございます。

ribbonヤムヤムママさんへ
ありがとうございます。
すっちゃん、そうだったんですか?
実はコメント欄で質問したい。したらだめだろうか?
と、思ってました。
すっちゃんは実はフーより一つお若いんです。
ほとんど拝見しているのではありますが
ここ最近のことなので、体温のことは知らなかったです。過去記事見て見ますね。ありがとう~!
私もあれこれ検索しているんですが、腎臓を病んで
無くなった15歳の子は最後が低体温といっても
八度一分も!あったんですよ。
そういうの見るとフーはもうだめなのかな~とか
落ち込んでいました。
ママさん頭痛があるときにありがとうございますね。
無料の質問サイトもいくつかは知っているのですが
却ってシロウトが可愛いうちの子の為に書いたサイトの方が信用できる気がしてしまうんです。
(疑り深いんです)
今日はフーも大分食べるようになってきました。
雪が降っているのにお散歩にも行きたがりました。
嬉しかったです。
ありがとうございました。
とりあえず今からすっちゃんとこ行ってみて見ますね。(←知り合いみたいかな?)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203330/43826392

この記事へのトラックバック一覧です: 低体温、その2。:

« おげんきですか? | トップページ | 杭がすき。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

猫さんには、これ。

猫の物語