無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 初夢。 | トップページ | すべりどめ。 »

2009年1月 9日 (金)

面目ないが。

P1160635

「私は猫に対して感ずるような純粋なあたたかい愛情を人間に対していだく事のできないのを残念に思う」

寺田虎彦随筆集 二 岩波文庫

 

 

寺田虎彦の随筆は好きで、何度も読み返しているのですが、こんな言葉を見つけてしまった。^^

でも、書いた寺田せんせはちゃんと結婚してるんだけど。ww

 

 

「 もみじ饅頭一個くわえて走ってる

  あの縞縞がうちの猫です 」  (≧∇≦)

 

こちらは 「 面目ないが 」 新潮文庫

寒川猫持の短歌。

もう一個好きなのが

「 尻なめた舌でわが口なめる猫

  好意謝するに余りあれども 」  ( ̄▽ ̄)

寒川猫持 エッセイも面白いですよ。^^

« 初夢。 | トップページ | すべりどめ。 »

」カテゴリの記事

コメント

さささんはよく本を読んでいるんですね〜
私は最近とんとご無沙汰です。
目が活字についていけなくなってしまいました。
エッセイは読みやすそうですね

pencilkyochanさんへ
いや~、私も長いのは読むのに
体力が必要です。^^;
でもエッセイだと割と楽しく
読めてしまいます。
あと、ミステリとホラーなら
長いのも好きかもです♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203330/43689940

この記事へのトラックバック一覧です: 面目ないが。:

« 初夢。 | トップページ | すべりどめ。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

猫さんには、これ。

猫の物語