無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月26日 (水)

衝動買いしました。

P1190482 P1190533 P1190529

北関東、寒いです。(>.<)

寒さは腎臓の大敵なので、腎臓が弱っているふーの為にももっと温かくなって欲しいと願ってやみません。

そして、大分前に詰め物をした歯がかたかたするので、つめものが外れそうになっているのかと思って歯医者さんに行くと、これは下の歯が欠けちゃってますから被せるしかないですね~と言われ、久々に大の苦手な歯医者さんに通ってました。(T_T)

先生は若い方で丁寧だし怖いこともないのですが、あの歯を削る音がダメで。((+_+))

キーンと聞こえてきただけで背中が勝手に緊張します。(=_=)

で、それがやっと終わりかけたら、今度は首に変な湿疹が出て来ました。(T_T)

痒かったり痛かったりはないのですが、目立つところに巾二センチくらいのが横に四センチほど色が変わっています。

もうお医者さんはイヤですが。。。悪くなるようならいかないとな~。。。というなかなか凹む毎日でございます。

記事の更新をする元気が中々出ませんでした。bearing

(ここまで、言い訳。^^;)

で、鬱々気分を吹き飛ばそうと、衝動買いしてしまいました♪(ヲイ)

P1190543

まずは新しいおトイレ♪shine

しかも大きいサイズのものです~sign03

今使っているのと比べるとこんな感じ。^^

P1190544

手前の方が大きく見えることもありますが、ほんとに大きいんです~♪

巾はそれほど変わらないのですが、中に砂落としのステップが付いているので縦が長いです。

そして、奥のトイレは年代モノで、ふーにゃんが生まれる前からあるのです。

ふーにゃんのママ、ランを迎えたときに買ったものです。^^

あの頃は色も形も選べなくて、地味臭いのしかなかったので、今度は可愛い色が選べて嬉しかった♪

ランは、お外に出さないでリードでお散歩する猫にするんだ、と高い理想(?)を掲げたものの、実際に迎えてみると、とても野生的なすばしこい子猫で、夜に雨戸を引く間にするっとお外に出てしまい、翌朝縁側でちょこんと座っていて、「起きるの遅いにゃー!」と抗議することが何度もありました。;;;

(今ではありえないです★でも、当時のランは家の中のどこででも眠る子だったので、私の部屋にいなくてもどこかにはいるのだろうと思っていて、いないことに気がつきませんでした。アホです★)

その上、ハーネスを付ければ横に倒れてがんとして動かなくなり、何度かトライしたものの、やはり無理で、結局は外出自由猫になってしまったのでした。(>.<)

なので、おトイレも使ったのは初めのころと、雨が降る日や夜中にもよおした時くらいで、あんまり汚れていないのです。

P1190465

キャオを迎えたときは、さすがに外出自由なんていっていたら寿命が短いと身に滲みておりましたので、お外はハーネスは付けないで出すものの、時間は限るようにしました。

勿論保護者付きです。

キャオは賢い子で、家の子になると、ふーにゃんのストーカーになって、逐一なんでもマネしまくりでした。

なので、トイレも粗相したことは一度もありません♪

勿論初めからトイレを使えるとは思っていなかったので、箱にお砂を入れてそこで用を足してね?と、うながしたのでしたが、やだよ、ふーにゃんと同じとこでするよ!と、なんの戸惑いもなく同じトイレを使ってくれました。^^

ありがたかったです♪

P1190515_2

でも大きくなると大も小もお散歩のときに済ますようになってきました。

雨が降ればさすがにおトイレを使いますが、どうやらぎりぎりまで我慢しているらしいんです。

なぜだろうかと思って、トイレを使うところをこっそり覗くと(見られるのを嫌がるので)、身体が大きくなってしまったので、フードの中が狭いらしく、ごそごそと何度もお尻を据える位置を変えて、やっと出していたんですよ。

これから梅雨も始まるし、あんまり我慢させたくないし、いいのがあったら買ってやろうと近くのホームセンターに行きました。

で、久々にトイレ置き場をじっくり眺めてみたら、大きいタイプがあったので、即決です。

これでゆったり用を足してくれるといいなぁ~。^^

次はこれ♪

P1190563

ふーにゃんの夏場のベッドとして大活躍のザル(カゴ)の中にすっぽり納まっているこのふわふわベッドです♪

これは「しろいねこ」(リンク♪)のすえこちゃんが使っているのを見て、すごく柔らかそうだったので、これまた即決。

ふーにゃんは短毛ですが、背中あたりの毛が少し長めなのであんまりそうは見えないのですが、最近はすっかり痩せてしまい、硬いところに座るのは当って辛いようなのです。

それでこのカゴで眠るときも以前より長く身体の位置を決めかねてごそごそしているようなので、なんとかしてやりたいと思っていたところでした。

ところが残念なことに、このベッドは未だにするーされています。^^;;;

なんでだろう。

却ってキャオが「おぉ~!!すんげーもっふもふ~~~shine

とでもいわんばかりの顔で、咽を鳴らしながらも~みも~みと毎晩しております。^m^

P1190538

たまによだれが出ていることも。

ママを思い出すのでしょうね。不憫です。

しかし、肝腎のふーにゃんはいつ使うのだろうか?

まあでもキャオが気に入ってくれたからいっか♪

あ゛、ふーにゃんの写真がない!coldsweats01

2010年5月10日 (月)

こうていえき(口蹄疫)。その三。

P1190240

普段から話が長いと自覚しておりますが、まさか三回にもなるとは。^^;

申し訳ありませんですが、興味のある方はお付き合いくださいませ。

興味がなくてもお付き合いくださると嬉しいです~♪

さて、口蹄疫という病気のことは全く知らなかったので、調べて見ました。

で、分かったことは

1、人にはほとんど感染しないこと。

 そして、口蹄疫のウイルスは熱に弱く、もしこの病気にかかったものの肉を食べても、

 胃酸で死滅するので、肉を食べて感染することはありません。

2、感染するのは「偶蹄目」。

 牛とか、豚、ヤギ、鹿、猪、カモシカ、などです。

 ちなみに馬は罹らないです。勿論、わんにゃんもです。^^

3、ただし感染力はとても強いので、一つの農家で感染が確認された場合、

 すべての家畜を処分しなくてはなりません。

ざっとわかったのはこういうことでした。

なーんだ、人にはうつらないし、肉も大丈夫ならそんなに騒ぐことじゃないかな?

と、思いました。

P1190262

ところが、よくよく調べると。

2000年にも口蹄疫が出て、740頭が殺処分されていたのですが、この経費が35億円!!(◎-◎)

2001年にイギリスで発生したときは700万頭が殺処分で80億ポンドかかったというではありませんか。(80億ポンドはおよそ一兆円。)

つまり、それほどに感染力が高く、一度確認されたらあっというまに拡散してしまう病気なのだということでしょう。だから発見されたら殺処分なのですね。

治療していたら周りが皆感染してしまって手遅れになるのです。怖いです。

今回は九日に見た資料で約六万四千頭が確認されていて、更に広がり続けているので、ものすごい被害になるのではないでしょうか。

そして、どうしてこうなった?といえば。

1、初めに病気が確認された時点での封じ込めに失敗。

  これはニコニコ動画のアカウントをお持ちの方は「(口蹄疫)平成22年4月22日衆議   院農林水産委員会自民党江藤拓議員」で探してみてください。

  怒りがみなぎってきます。

  内容をかいつまんでいいますと、もうこの四月二十二日の時点で口蹄疫がどんなに危険で感染力が高いか、防ぐにはどうしたらいいのかを江藤議員が分かりやすく、しかも具体的な数字も挙げて、農家を救ってくださいと政府に対応を求めていたんです。

  なのに、対策室を立ち上げました、とだけ答えてあとはなにも指示しないで赤松大臣はゴールデンウィークの外遊に行ってしまったんです。thunder

  ここまで説明されてもナニもしなかったって、どういう気持ちだったのでしょうか?

  呆れてものが言えないとはこのことかもしれません。

2、こういう病気が出たときは県知事が国に対策を申請するのですが。

  担当の農水大臣、赤松氏が外遊に出てしまっていたのでそのまま放置されました。

  (病気が確認された宮崎県知事(・・・そうあの東の知事さんです)はすでに三回も申請していました。が、大臣不在なので取り上げてもらえなかったのです。)

  

P1190326

これはもう「人災」ではないでしょうか?

赤松大臣が現場のことに詳しくないことを責めているのではありません。

民主党は政権をとってからまだ日が浅いから慣れてないのだという意見もあるようです。

ならば言わせて頂きます。

大臣は変わることがあるけれど、その下で支える官僚はいわばその道のプロなわけです。国で一番の大学を卒業した、トップレベルの人材がいるのですよね。

大臣がシロウトでも、それを自覚さえしていれば、何かが起きてもその優秀な官僚に意見を求めてそれが正しいとわかればそれを指示すればいいことではありませんか。

大臣はそれでもことが上手く運ばなかったときに責任をとればいいのではないでしょうか。

責任を持つのが大臣の仕事なのではと思うのです。

私は政治には詳しくないです。

今回だって、ふーにおできが出来てすんごいどきどきで、更におみくじは「凶」のトリプル攻撃でほとんど泣きそうと思っていたら、ただの空回りだったのよ~★

ほっとしたけど、自分がおばかだってよくわかった~★

な、記事にするつもりでした。

でも、口蹄疫にかかって、家畜を屠殺しなければならない農家の方の声を聞いて、なんともいえない気持ちになりました。

牛は頭がいいから、仲間が殺されると察して暴れたり鳴いたりするんだそうです。

子牛等は薬を注射しても長いこと鳴いて苦しむとも。

こんな小さな猫を育てるのにも一苦労している私なんか、ほんとに小さくてなにもできません。

でも、折角手塩にかけて育てた牛や豚をみすみす殺さなければならない農家の皆さんはどんなにか辛い気持ちで、しかもそんな感傷に浸る間もないくらいに今も病気を防止するべく動いているということを少しでも伝えられたらと思いました。

民主党政権はここまで被害が広がるとは思っていなかったのでしょう。

今まで知っていながらしらんぷりして、なにも対策してきませんでした。

あるいは国民を守るつもりなんか一ミリもないのかもしれません。

自分の金儲けで頭が一杯なのでしょう。

なにしろトップは平成の脱税王ですからね~。dollar

少なくとも、十年前の口蹄疫をたったの740頭でくいとめた自民党政権の方がよほど有能だったということです。

今回のことで私に出来ることといったら、せいぜい宮城県のものをネットで購入して、応援メッセージを送るか、募金をするかです。

そして、テレビではほとんどニュースになっていないようなので、弱小ブログなのですが、記事にしてみました。

ほんとに無力です。でも、書くことで少しでも知っていただきたかったのです。

それでは長いお付き合い、ありがとうございました。m(_ _)m

うぅ、ない頭を久々に使ったので、疲れました。^^;

皆様へのご訪問はこれからゆっくりいかせていただきますね。

2010年5月 9日 (日)

こうていえき(口蹄疫)。その二。

P1190399

↑前記事でいつもはジャングルのように伸びる、と書いた「ツルニチニチソウ」の花です。

花はかわいらしいのですが、つるの延び方はすんごいのです。

ともあれ、今日も晴れて空気が乾いて気持ちがいい一日でした。^^

さて、では昨日の続きです。うまくつながるかな?^^;

ふーにゃんの下顎にできものができて、それが連休中にいきなり三倍に腫れて心臓バクバク。。。緊急に診てもらえる病院を探すしかないかも?の後です。

翌日、といいますか、夜鳴かなかったこともあって、明るくなってもごはんは多分食べないだろうと思っていました。

ごはんをねだる鳴き方もしなかったんですよ。

でも、去年食欲がなくなったときに一番効果があった「モンプチ」の缶を開けてやってみたら、食べたんですよ~♪

それで、やっぱりもう少し様子をみてもいいかもと思いなおしたんです。

P1190400

食べている間は大丈夫。

ただ、いつもよりは食べなかったです。そして、鳴かない。痛いんだろうと思いました。

新しい病院には行かないけど、なんだか居ても立ってもいられない。

でも、私のこの不安をふーに伝えてはいけないと思ったのです。

なので、出かけてしまいました★(>_<)

出かけた先は鹿島神宮。

困ったときの神頼み、です。coldsweats01

P1190454_2

参道は風が涼しくって、ピリピリしていた気持ちが少し和らいだような気がしました。

ええ、気のせいですね。^^;

ところがところが、本殿で念入りにお参りした後、おみくじを引いたら、「凶」。

思わず「えぇっ??」と、声が出てしまいました。crying

すると、横から「え?やだ!」と、母が。

振り返ると、私より不安そうな顔してるんですもん。余計に不安になって何よ~?って聞いてみたら、私がおみくじを引く前に先に引いていて「凶」だった。

でも、それを言ったら不安がらせるだろうから、黙ってもう一回引いてみたら。

また「凶」だった。とかいう。weep

うぉぉぉぉぉぉ。。。。神様。不吉すぎるじゃーありませんか。shock

お賽銭弾むから、お願いしますよう!!crying

という気持ちを抑えて、じゃ、じゃー、あれだ、奥に鹿さんがいるから、しかせんべいでもやって、気持ち落ち着けようよ、ね?ということに。

P1190452

鹿島神宮にいる鹿は神様のお使いです。

だから、大事にされています。。。と思ってました。

ところが。

P1190447

このような張り紙がしてあって、前ほど近くには行けなくなっていました。

なんて酷いことをするものがいるのでしょうか。

大体神様のお使いを酷い目に合わせて無事でいられるはずがないですよ。

神様、盛大にバチを当ててやってくださいませ!!

と、少し落ち着いた(違う)ところで、もう一回おみくじに挑戦。

無事(?)に(それでも)「吉」が出て一安心ですよ。ああぁ。

で、その後、少し寄り道して、夕方に帰ってみると、ふーにゃん、ごはんごはんと五月蝿いくらいに催促鳴きをするんですね。

急にどうしたんだろうと見て見ると、吹き出物が潰れてウミが出て固まってました。

痛くて、自分で触って掻き壊してしまったらしいんです。

で、出るものが出てしまえば、すっきりしてお腹が空いた~♪らしい。

傷口はほんとにもう乾いていたので、人間用の消毒で拭いておきました。

そしてやっと連休が終わり、病院へいくと。先生ニコニコ話を聞いたあとで。

「あら、今年は四日と五日は午前中だけやってたのよ。^^

でも、だーれも来ないから電話して開いてますよ~って言ってみようかって話してたの♪」

ええええええーーーーー?????shock

なるほど、「凶」ですわ。^^;

しかも、この腫れ物は悪いものですか?と、恐る恐る聞いてみたところ、

「多分違いますよ。悪いのだったら、こういう腫れ方はしないしね」

おおおおおおぉおおおぉぉぉぉぉ。。。。

ほんと「凶」でした。私の連休は。(T_T)

返して~!!

いや、良かったんですけども!!!(笑)

というわけで、ふーにゃんは凶も、いや今日も元気に朝三時起き♪

でも、その声を聞きながらにんまりする自分が居ました。^m^

ただなんかこう、疲れてしまったせいか、その後咽が痛くて風邪っぽいです。

おや、タイトルの口蹄疫に全く触れてませんね。

口蹄疫という病気が牛や豚に広がっているというニュースを見たのは、ネットでふーのごはんを探していたときです。

なにかこう、ロイヤルなんちゃらとか外国のじゃなくて、国産で美味しくって安全みたいなのないのかな?

と、グーグルで「国産」というキーワードで探していたんです。

初めにヒットしたのがどんなニュースだったかはもう忘れてしまったのですが、国産の牛肉が危険、な感じのニュースでした。

色々調べてみましたら、「口蹄疫」という病気は非常に感染力が高く、対応策は殺処分で、この病気が出た場合は向こう五年間(ここ、違うかもです。三週間という説もありました。すみません。(>.<) )同じ場所で家畜を飼ってはならないというものでした。

あぁ、また長くなってしまった。

明日また続きます。すみません。本日もコメント欄は閉じます。

明日はちゃんと終わらせますです。m(_ _)m

2010年5月 8日 (土)

こうていえき(口蹄疫)。その一。

  P1190215

ごーるでんうぃーく、が終わったばかりですが、明日は母の日ですね。

業務連絡。モノはいらないから元気な顔を見せるようにね、とのことですよん、みなぞう君。業務連絡、終わり。^m^

P1190346

ゴールデンウィークや年末年始、お彼岸など、長いお休み前は動物病院の予定を必ずチェックしていたのですが、今年は気が付いたら連休前で、慌ててごはんの在庫やお薬の残りを見ました。^^;

まあ間に合っていたので、一安心ではあったのです。

が。

少し前にふーにゃんの下アゴになにかわからない吹き出物が出てきたんですね。

そのときはすぐにお医者さんに行きまして、「様子を見ましょう」とのお言葉だったのです。

で、そうそうあの吹き出物はどうなっていたろう?と見てみたら、以前と同じで、少しほっとしてました。

P1190335

ほんとうなら針を刺して中味を取って調べるというようなことをするらしいですが、ウチの先生はふーにゃんのお年や性格を考慮してくださってそのままということらしいです。

で。。。連休は特に遠出もせず、庭の草をとったり、写真を撮ったり。。。^^

P1190333

P1190412_2 

アジサイがややいじけているのはやはり寒いから?

そういえば、いつもはとめどなく伸び倒してジャングルみたいになっている「ツルニチニチソウ」がさっぱり伸びていなくて、いつも丸一日使っても終わらない庭の手入れが半日で終わってしまいました。やはり冷夏が来るかもと思いました。

そういえば、キャオに歓迎できないお客が来たりもしました。smile

P1190249

良く似た赤トラ。しかも長毛で可愛かった~♪

で、連休のほぼ真ん中の三日に気が付いたのですが。

P1190424

あごの下の吹き出物が一気に三倍くらいに腫れていたんです。shock

ショックなんてものではなく、超チキンなワタクシ、自分が具合悪くなってしまって。。。sweat02

ごはんも咽を通らず。

いかん、これでは。と、食べるのですが、吐き気が。;;;;;

しーかーもー病院は連休中。

後二日はこのままか?

他のお医者さんを探すか?

あれこれ考えていたのですが、腫れに気が付いた日はふーにゃんはなにもなかったかのように普通にごはんを食べて、夜中にも咆えていたのでした。

で、うーーーーん、これなら、もう少し様子を見よう、とその日はなにもしませんでした。

P1190283_2

そしたら翌朝、いつもは朝の三時には吠え出すのに、シーンとして、寝ている。

もう心臓バクバクです。(>_<)

痛いのか?それで鳴かないのか?

それとも他になにかあるの?

でも、ふーにゃん、自分で説明してはくれません。

これでごはんを食べなかったら、少し遠いけど、緊急で診てくれる病院にゴー!

と、覚悟しました。

ハナシ、長いです。^^;すみません。

続きは次の記事にします。

明日更新します。m(_ _)m

お話が終わってないのでコメント欄は閉じさせて頂きます。

あしからず~★

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

猫さんには、これ。

猫の物語