無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« こうていえき(口蹄疫)。その二。 | トップページ | 衝動買いしました。 »

2010年5月10日 (月)

こうていえき(口蹄疫)。その三。

P1190240

普段から話が長いと自覚しておりますが、まさか三回にもなるとは。^^;

申し訳ありませんですが、興味のある方はお付き合いくださいませ。

興味がなくてもお付き合いくださると嬉しいです~♪

さて、口蹄疫という病気のことは全く知らなかったので、調べて見ました。

で、分かったことは

1、人にはほとんど感染しないこと。

 そして、口蹄疫のウイルスは熱に弱く、もしこの病気にかかったものの肉を食べても、

 胃酸で死滅するので、肉を食べて感染することはありません。

2、感染するのは「偶蹄目」。

 牛とか、豚、ヤギ、鹿、猪、カモシカ、などです。

 ちなみに馬は罹らないです。勿論、わんにゃんもです。^^

3、ただし感染力はとても強いので、一つの農家で感染が確認された場合、

 すべての家畜を処分しなくてはなりません。

ざっとわかったのはこういうことでした。

なーんだ、人にはうつらないし、肉も大丈夫ならそんなに騒ぐことじゃないかな?

と、思いました。

P1190262

ところが、よくよく調べると。

2000年にも口蹄疫が出て、740頭が殺処分されていたのですが、この経費が35億円!!(◎-◎)

2001年にイギリスで発生したときは700万頭が殺処分で80億ポンドかかったというではありませんか。(80億ポンドはおよそ一兆円。)

つまり、それほどに感染力が高く、一度確認されたらあっというまに拡散してしまう病気なのだということでしょう。だから発見されたら殺処分なのですね。

治療していたら周りが皆感染してしまって手遅れになるのです。怖いです。

今回は九日に見た資料で約六万四千頭が確認されていて、更に広がり続けているので、ものすごい被害になるのではないでしょうか。

そして、どうしてこうなった?といえば。

1、初めに病気が確認された時点での封じ込めに失敗。

  これはニコニコ動画のアカウントをお持ちの方は「(口蹄疫)平成22年4月22日衆議   院農林水産委員会自民党江藤拓議員」で探してみてください。

  怒りがみなぎってきます。

  内容をかいつまんでいいますと、もうこの四月二十二日の時点で口蹄疫がどんなに危険で感染力が高いか、防ぐにはどうしたらいいのかを江藤議員が分かりやすく、しかも具体的な数字も挙げて、農家を救ってくださいと政府に対応を求めていたんです。

  なのに、対策室を立ち上げました、とだけ答えてあとはなにも指示しないで赤松大臣はゴールデンウィークの外遊に行ってしまったんです。thunder

  ここまで説明されてもナニもしなかったって、どういう気持ちだったのでしょうか?

  呆れてものが言えないとはこのことかもしれません。

2、こういう病気が出たときは県知事が国に対策を申請するのですが。

  担当の農水大臣、赤松氏が外遊に出てしまっていたのでそのまま放置されました。

  (病気が確認された宮崎県知事(・・・そうあの東の知事さんです)はすでに三回も申請していました。が、大臣不在なので取り上げてもらえなかったのです。)

  

P1190326

これはもう「人災」ではないでしょうか?

赤松大臣が現場のことに詳しくないことを責めているのではありません。

民主党は政権をとってからまだ日が浅いから慣れてないのだという意見もあるようです。

ならば言わせて頂きます。

大臣は変わることがあるけれど、その下で支える官僚はいわばその道のプロなわけです。国で一番の大学を卒業した、トップレベルの人材がいるのですよね。

大臣がシロウトでも、それを自覚さえしていれば、何かが起きてもその優秀な官僚に意見を求めてそれが正しいとわかればそれを指示すればいいことではありませんか。

大臣はそれでもことが上手く運ばなかったときに責任をとればいいのではないでしょうか。

責任を持つのが大臣の仕事なのではと思うのです。

私は政治には詳しくないです。

今回だって、ふーにおできが出来てすんごいどきどきで、更におみくじは「凶」のトリプル攻撃でほとんど泣きそうと思っていたら、ただの空回りだったのよ~★

ほっとしたけど、自分がおばかだってよくわかった~★

な、記事にするつもりでした。

でも、口蹄疫にかかって、家畜を屠殺しなければならない農家の方の声を聞いて、なんともいえない気持ちになりました。

牛は頭がいいから、仲間が殺されると察して暴れたり鳴いたりするんだそうです。

子牛等は薬を注射しても長いこと鳴いて苦しむとも。

こんな小さな猫を育てるのにも一苦労している私なんか、ほんとに小さくてなにもできません。

でも、折角手塩にかけて育てた牛や豚をみすみす殺さなければならない農家の皆さんはどんなにか辛い気持ちで、しかもそんな感傷に浸る間もないくらいに今も病気を防止するべく動いているということを少しでも伝えられたらと思いました。

民主党政権はここまで被害が広がるとは思っていなかったのでしょう。

今まで知っていながらしらんぷりして、なにも対策してきませんでした。

あるいは国民を守るつもりなんか一ミリもないのかもしれません。

自分の金儲けで頭が一杯なのでしょう。

なにしろトップは平成の脱税王ですからね~。dollar

少なくとも、十年前の口蹄疫をたったの740頭でくいとめた自民党政権の方がよほど有能だったということです。

今回のことで私に出来ることといったら、せいぜい宮城県のものをネットで購入して、応援メッセージを送るか、募金をするかです。

そして、テレビではほとんどニュースになっていないようなので、弱小ブログなのですが、記事にしてみました。

ほんとに無力です。でも、書くことで少しでも知っていただきたかったのです。

それでは長いお付き合い、ありがとうございました。m(_ _)m

うぅ、ない頭を久々に使ったので、疲れました。^^;

皆様へのご訪問はこれからゆっくりいかせていただきますね。

« こうていえき(口蹄疫)。その二。 | トップページ | 衝動買いしました。 »

」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
フーちゃん顎にきびかなと思いました。
最近 他ブログで記事になっていることが多いのですが
それよりも酷かったようですね。
傷ができて腫れちゃったのかもしれませんが
良性でよかったです。
飼い主なんだから心配ばかりしちゃうわよ♪
経過はよいのかしら。

口蹄疫は悲惨ですよね.
無駄に死なせることになるなんて
農家の方も困りますが 動物たちだって悲劇です。
他国では治まっているのが 日本で再発でよいわけありません。
鳥インフルもあるしもっと危機感を持ってほしいと思うわ。

taurusヤムヤムママさんへ
おはようございます♪
顎ニキビというのは黒い乾いた感じのものだと思っていましたが
腫れるものもあったのですか?
知りませんでした。
調べてみます、ありがとうございました。^^
いきなり腫れていたので、びっくりするやら
不安やらで。。(T_T)
経過は良好です♪
いただいた軟膏を毎日ぬりぬりしていますが
大分小さくなってきました~scissors

鳥インフルのときも大変だなとは思ったのですが
今回は牛さんが主な被害者なので。。。
薬殺ですぐに効き目がないともう一回注射を
打つらしいのですが、苦しかろうと農家の人が
お顔をなでてやると甘えて擦り寄ってくるんですって。
涙がでます。
子供手当てのごたごたも、高速速料金の値上げも沖縄も
もういいから自民に政権をもどして欲しいです!!

フーさん、大変でしたね。。その後いかがですか?
さすが動物は自分の治癒力で回復していくものだなぁと
記事を読んでいて思いました
フーさん、お大事にしくださいね!
私も初詣で、友人と2人とも「凶」を出した事が。。shock
かえって当たりだよ!と言われても、やはりへこみましたよsweat02

政治の話はもう残念な事ばかりです。。
そうか!宮崎への寄付とか受け付けているんですね
自分もそういった協力くらいしか出来ないけれど
いつも食卓に美味しいお肉を出せるのは
畜産業の方のおかげですから。。
多大な損害を生産者の方だけに押しつけるような事だけには
ならないでほしいと願いますthink

taurusemiさんへ
ありがとうございます。^^
お陰さまでふーの吹き出物は初めに見つけたときより
小さくなってきました♪
でも、いきなり大きくなったときはもうどうしようかと
おろおろするばかりでした。
そこにおみくじ「凶」だったので、倒れそうでした。weep

お正月にっていうのも嫌なものですね~sweat02
忘れたくても忘れにくいし。。。
でも、もう大分よくなったのでほっとしています♪

宮崎県への募金はいまのところ「ふるさと納税」からの
申し込みで使い道に「口蹄疫」と書き込みするやりかたしかない
ようなのです。
どうやらテレビなどで放送しないので、知らない方が多くて
募金の声があがらないので窓口が出来ないらしいんですよ。
ちょっと手続きが面倒なので、他の方法がないか
もう少し調べてみますね。

前半は、さささんらしいなぁ~と
思いながら読んでいました。

フーさん、出来物良くなって良かったです。
何処が痛いとか言ってくれると
どうしてくれって言ってくれたらと
心配せずに住むのにと思います。

口蹄疫、最近俄かに騒がれ始めていますね。
もうかなりの数が殺傷処分と聞きますが。
こういう時どうして手遅れになるんでしょうね。
今までの政治が嫌で、民主党に政権交代したのに
私たちの暮らしはちっとも楽になっていないし
参議委員選・政権云々自分たちの事ばっかりで
何考えてるの・・・と言いたくなります。

taurusにゃんこさんへ
私、ずっと作文が苦手でした。
なので長く書くときは辻褄を合わせるので一杯一杯で
どのあたりがわたしらしいのかはわからないのですが、
お褒め頂いたと勝手に思うことにしました。^m^
ありがとうございます~♪

ふーは小さい頃から寡黙なねこで、なかなか甘えてもくれなかったんです。^^;
逆にキャオは主張がすごくて助かります♪
でも、病気の時はほんとにどうしてほしいか言ってくれたらと
いつも思います。病気の時だけですが。w

口蹄疫の拡散はまだ止まらないんです。
また今日増えてしまいました。
なのに、鳥インフルのときほどテレビでとりあげないのは
なぜなのでしょう。民主のでたらめっぷりを隠す為としか
思えないんです。
政権交代で「民主主義」とは「民主党主義」に意味が変わったのだと民主党だけが思い込んでいるかもしれません。(怒)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203330/48324523

この記事へのトラックバック一覧です: こうていえき(口蹄疫)。その三。:

« こうていえき(口蹄疫)。その二。 | トップページ | 衝動買いしました。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

猫さんには、これ。

猫の物語